検索
  • 現場代理人|浄化槽の達人

単独浄化槽から合併浄化槽への切替工事

【工事場所】 松田町 【工事期間】 2021.07.11~ 07.16 【工事内容】 浄化槽工事,合併浄化槽工事,単独浄化槽工事,浄化槽設置工事,浄化槽撤去処分工事,排水設備,配管工事 【SDGs達成】 No.11・No.14・No.15・No.17


単独浄化槽から合併浄化槽への切替工事


給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換


単独浄化槽から合併浄化槽への切替工事


給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換


単独浄化槽から合併浄化槽への切替工事


給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換


配管工事に関する基礎知識

配管は普段目に見えないところにありますが、私達の快適な生活にはなくてはならない存在です。そして目に見えないからこそ気付かないうちに劣化が進んでいることもあるため、配管の状況を気にかけることが欠かせません。

今回の記事では基本的な配管の種類を紹介いたします。

配管の種類

・給水管 給水管とは、水道本管の分岐しているところから各家に水道水(上水)を供給する管のことです。分岐から蛇口や器具までの給水管一式を給水装置と呼びます。水道メーターは自治体からの貸与となります。

給水管の種類は、配水管の口径によってある程度決まっており、ダクタイル鋳鉄菅、ステンレス鋼管、水道用ポリエチレン菅、耐衝撃性ビニール菅などがあります。もし漏水が起こった場合、箇所によって誰が修繕するべきかが変わってきます。分からないことがあれば自治体の水道局に問い合わせてみると良いでしょう。

・給湯管 給湯管とは、給水管から送られてきた水を給湯器で沸かしたものを蛇口へと運ぶ管のことです。給湯管は温度の高いお湯を流すため、給水管よりも高温に耐えられる金属製や樹脂製の管が使われることが多いです。

・排水管 給水管が水道水を家に引き込む管であるのに対し、配水管は家から排出される下水を流す管のことです。家の中の配水管は、トイレとそれ以外の水回り、雨水の3種類に分けて外部の排水マスに接続する必要があります。

配管に関する工事の種類

配管によって工事の方法もいくつかの種類に分けられます。

・給水管引き込み工事 道路の下などに埋まっている水道本管から、家の敷地内の水道メーターまで配管を引き込む工事のことを給水管の引き込み工事といいます。大規模な工事になることが多いため、自治体の指定を受けた業者に依頼しなければなりません。

・下水道引き込み工事 家庭の排水口から公共マスまでの配管工事のことを下水道引き込み工事と言います。マイホームを建てる際に行う下水道の引き込み工事、トイレのリフォーム時に合併浄化槽式トイレから公共下水道や下水道に切り替える工事などがあります。下水道の工事は水道技術管理者の資格を取得している業者しか施工できないため、資格の有無を確認した上で見積もり内容やアフターサービスを確認しながら業者を選ぶようにしましょう。

・家の中での配管工事 水道配管から敷地内の水道メーターまで配管を引き込んだあと、メーターからお風呂やキッチンなど水道設備が必要なところに配管を延ばす工事を行います。蛇口や止水栓の設置なども同じ配管工事に含まれます。

配管工事のタイミング

配管は普段見えない部分にあるため、工事のタイミングを掴みにくいものです。不具合が出る前に工事を行う必要はありませんが、これからご紹介する症状が出た場合には早めに工事を行うようにしましょう。

・赤茶色の水が出る 上水の配管材にもよりますが、サビや腐食によって配管が劣化すると赤茶色の水が出てくることがあります。そのまま使い続けると体に悪影響を及ぼす可能性も考えられるため、できるだけ早く工事を依頼するようにしましょう。

・漏水 水漏れが起こってしまうとカビの繁殖や家自体の腐食、無駄な水道使用料金が発生してしまうなどの大きな影響が出てしまうので、早めに対応しましょう。漏水は経年劣化や配管の詰まり、パッキンのゆるみなどが原因として考えられますが、原因を特定してもらうことが大切なので点検を依頼するようにしましょう。

・掃除しても詰まる 排水口の掃除や詰まり解消のための洗剤を使うことで、詰まりを解消できることがあります。しかし掃除をしても詰まってしまうようになると、配管工事を行った方が良い時期かもしれません。自分で行う掃除だけではなく、高圧洗浄を依頼することもできますが、一定の効果はありつつも、年数が経過していると詰まりが再発してしまいます。特に20年以上が経過しているような場合は配管リフォームを検討してみても良いかもしれません。

配管の寿命を延ばすために

配管の中でもキッチンまわりの配管は最も劣化が早いと言われています。キッチンは油や食べ物のカス、熱湯など幅広いものを流すからです。

油は配管内に付着して固まることで配管の内側の通り道を狭め、詰まりの原因になってしまいます。また油によってバクテリアが繁殖し、それが配管の腐食を早めてしまい、水漏れの原因になってしまうことがあります。 食べ物のカスも配管内に溜まると雑菌が繁殖してしまうため、直接流すことのないようにしてください。 熱湯も配管の素材によっては傷みや変形を引き起こす可能性もあります。水と一緒に流すなどの工夫をするようにしましょう。

浄化槽の役割

明治時代は下水をそのまま川に流していたため、皇居のお堀のような周囲に水がある場所は汚臭がひどかったそうです。このため、人の便や汚水が主な感染源となるコレラが流行り、多くの死者が出たことで国は1890年に水道法を作りました。

それから10年後、1900年に日本で最初の下水道法が制定されます。

この法律により生活排水の垂れ流しが禁止され、全国に下水処理場が作られていきました。しかし、広い国土のすべてに下水管を張り巡らせることは困難なため、整備できない家庭には浄化槽の設置が義務付けられました。

浄化槽は汚水をフィルターにかけることで、段階的にきれいな水へと戻すことができる設備です。一般的な水質指標のひとつであるBOD(生物化学的酸素要求量)の除去率が90%以上あり、放出するBOD濃度が20mg/L以下になるよう、浄化槽法施行規則で定められています。

材質はFRPなどのプラスチック製のものが多く、内部にろ材や仕切り板などが配置されています。大きさは家庭用ですと乗用車1台分くらいで、地震などの災害にも強いという特長があります。耐用年数は20~30年と言われていますが、30年を超えて使用されている浄化槽が少なくありません。

単独浄化槽とは!?

昭和30年代後半から50年代にかけて水洗トイレの普及に伴い、し尿処理をするための浄化槽が各家庭に整備されるようになりました。このときの浄化槽は単独浄化槽と呼ばれ、下水道が全国各地に広まった現在も使用しているところがあります。

この単独浄化槽はトイレ排水は処理できますが、生活排水の浄化は行っていません。そのため、平成12年に単独浄化槽の原則新設禁止が定められました。

現在一般家庭にある浄化槽のうち、35%は生活排水全般を浄化できる合併処理浄化槽ですが、残りの65%は単独浄化槽といわれています。単独浄化槽では生活排水を河川に垂れ流すことになるため、早急に合併処理浄化槽へ切り替えなくてはいけません。

浄化槽にはサイズがある

1人が1日に使用する水の量が200Lとされていますので、家族の人数が多いほど排水量が増え、タンク容量の大きい浄化槽を用意することになります。

とはいえ、家族の人数が変わるたびに買い替えることはできませんので、タンク容量は「建築物の用途別による屎尿浄化槽の処理 対象人員算定基準」(JIS A 3302-2000)により、延べ面積あたりの処理対象人員が定められていて、それに合わせたサイズを設置します。

延べ面積130㎡(約40坪)以下の住宅:5人槽

延べ面積130㎡(約40坪)を超える住宅:7人槽

2世帯住宅(台所と浴室が2ヶ所以上):10人槽

マンションやアパート、大型施設などはその利用人数に応じて大型浄化槽を設置しなくてはいけません。大きいものですと2000人槽というものもあります。

浄化槽がないこともある

下水道が行き届いていない地域では浄化槽を使用しますが、全国レベルで見ると少数派といえます。下水道設備が普及するのに比例して、浄化槽の数は年々減りつつあります。これまで浄化槽を使っていた家庭でも、壊れたことで下水道に切り替えるというケースが増えています。

浄化槽を使用しなくなると、そのまま家の土地に埋めてしまう方がいます。中古で家を購入したとき、前の住人が浄化槽を埋めたままにしていたので、気づかないまま下水道を使って生活しているということがよくあります。

実家を引き継いだ際も、浄化槽の存在に気づかないということは珍しくありません。解体工事を行うと、地中に埋設物がないのかも調べますので、比較的浅い場所に埋まっている浄化槽が高確率で発見されます。ご自身が使用していなくても、地中に浄化槽が埋まっている可能性を頭に入れておきましょう。

浄化槽は管理義務がある

浄化槽はただ設置すれば終わりではありません。きちんとメンテナンスをしないと、浄化槽内に汚物が溜まっていきます。不衛生な状態が続くだけでなく、フィルターも詰まってしまいますので、下水が流れないというトラブルが発生しやすくなります。

このため、浄化槽は浄化槽法という法律に基づいて、正しく管理することが国により義務付けられています。生活環境を悪化させないためにも、浄化槽の管理は次のことを守らなくてはいけません。

4ヶ月に1回以上は保守点検を行う

使用開始後3~5ヶ月以内に「設置後等の水質検査」を行う

1年に1回の定期検査を受ける

浄化槽の電源を切らない

浄化槽の機能を妨げるものは流入させない

上記以外にも、守らなければいけないことが細かく定められています。点検や清掃、検査はすべて管理者が行うことになっています。面倒に思うかもしれませんが、管理を放棄していると浄化槽法の規定違反で罰則を受けることになります。

改善措置や使用停止の命令を受けても無視した場合は、6ヶ月以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が課せられます。さらに、行政庁の立ち入り検査を拒んだり、嘘の報告をすると30万円以下の罰金となります。浄化槽を撤去するときの費用相場

浄化槽を撤去するときの費用相場

浄化槽のメンテナンスが大変なので下水道に切り替える、もしくは家の解体などで浄化槽を撤去すると、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?撤去を考えている方は気になるところですよね。

5~7人槽:3万~7万円

一般的な家庭の浄化槽撤去にかかる費用の相場は、3万~7万円程度です。この金額は解体工事と一緒に行うと、浄化槽単体で撤去するよりもやや高くなることがあります。さらに、浄化槽の最終清掃が済んでいないと、さらに費用が上がります。

浄化槽の中は汚物が詰まっている状態ですので、そのまま捨てるわけにはいきません。専門の浄化槽清掃業者に依頼して、内部を洗浄した上で撤去します。浄化槽の清掃費用には2万~4万円程度かかりますので、最終清掃が済んでいないと、トータルで10万円くらい必要になると考えておきましょう。

ちなみに、解体工事の途中で地下埋設物として浄化槽が発見されると、追加費用が発生することがほとんどです。地中埋設物に関しては、解体業者が前もって説明してくれるはずですが、浄化槽が埋まっていることを知っているのであれば、見積もり時にきちんと伝えておきましょう。

更地にする方は必ず浄化槽を撤去しましょう。撤去することで解体工事費は上がってしまいますが、埋まったまま放置すると不法投棄として罰せられることもあります。

浄化槽の撤去方法とは

使わなくなった浄化槽は撤去することになりますが、その方法は大きく3つに分けられます。それぞれに特徴がありますので、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

全撤去

最もシンプルな撤去方法が全撤去です。浄化槽内の部材や装置、浄化槽本体をすべて取り除きます。手間と時間がかかるため費用は高くなりがちですが、業者によっては上半分だけ解体することもあります。上半分だけの撤去は費用をおさえることができますが、地中にモノが埋まっていることに変わりありません。

いずれ土地を更地にするときは、すべて取り除くことになります。浄化槽はプラスチックなどで作られていますので、放置していても土に還ることもありません。撤去するのであれば全撤去がおすすめです。

埋め戻し

埋め戻しは浄化槽の部材や装置を取り除き、本体を2/3ほど残して地中に埋めてしまう方法です。浄化槽の汲み取り・洗浄を行った後、底に穴を開けて地中に戻します。

全撤去と比べると費用をおさえられるため、埋め戻しで処分する方が多いようですが、土地の売却時には、再度掘り起こして浄化槽を撤去しなければいけません。

使わなくなった浄化槽を取り除くだけの予算がないときなど、一時的な回避方法として考えておいてください。 ちなみに汚物が残った状態で埋め戻を行った場合は、自分の土地であっても不法投棄扱いになってしまいますので、洗浄をした上で埋め戻すことが大切です。

埋め殺し

埋め殺しは埋め戻しに似ていますが、部材や装置を取り除かずにそのままの状態で埋めてしまいます。こちらも浄化槽の中に汚物が残っていると、不法投棄扱いになってしまいます。ただ埋めるだけですのでもっとも費用が安い方法です。

但し、土地を売却する際に撤去しておかないと、後々トラブルになることがあります。地盤沈下の危険性もありますので、土地を手放すときは撤去しておきましょう。

浄化槽の撤去には届け出が必要です

すでに説明しましたが、浄化槽は法律によって管理されています。このため、どこの家で浄化槽が使用されているのか、国(実際には自治体)が状況を把握しています。

現在、全国に何台の浄化槽があるのか、という情報をきちんと掴んでいますので、廃止するときは届け出を掲出する必要があります。

届け出そのものはそれほど難しくありません。都道府県のホームページや各自治体などに浄化槽使用廃止届出書が用意されていますので、浄化槽を廃止してから30日以内に知事宛てに提出します。

廃止を届け出てないと、浄化槽があるものとみなされて、点検や検査などの案内が届いてしまいます。浄化槽の使用を停止して、下水道に切り替える際は、速やかに届け出ましょう。

浄化槽の撤去では補助金が出ることもある

合併処理浄化槽では、撤去する費用は自己負担ですが、単独浄化槽は全額負担しないで済む方法があります。単独浄化槽は新規の設置は認められていませんが、日本にはまだ多数の単独浄化槽が残っています。

今でも単独浄化槽を使っている家は、汚れた生活排水を垂れ流し続けている状態のため、国は単独浄化槽を合併処理浄化槽に換える、下水道に切り替える際は撤去費用の補助を行っています。

■質疑応答について

Q1.なぜ合併浄化槽へ入れ替えたほうが良いのですか?

A.川の汚れる一番の原因は、家庭から出る生活雑排水です。単独浄化槽ではトイレしか処理しないため、その他の家庭排水はそのまま川へ流れています。合併浄化槽は家庭排水をすべて処理することができるので、単独浄化槽のお宅より放流水の汚れが1/8になります。そのため市町村も合併浄化槽への転換を勧めています。

Q2.合併浄化槽に入れ替る際の工事費用はどれくらいですか?

A.標準的な工事で、条件が良い場合は90万~100万円位でできる場合があります。配管の長さ、浄化槽の大きさ、その他特殊工事により費用が追加されます。

市町村により異なりますが補助金制度があるので、お客様のご負担金は少なくなることがあります。お見積りは無料ですので、お気軽にご相談下さい。

スドウ工営ならお客様自己負担額0円が多数!!

Q3.工事期間はどれくらいかかりますか?

A.標準的な工事の場合、工期は4日~7日位かかります。工事中に水の使えない時間帯がありますが、お住まいの状況に支障のないよう、ご相談しながら工事を進めていきます。

Q4.役所への手続きとかはありますか?

A.役所への申請手続きなど、様々な手続きが必要となりますが、お客様に代わってすべての申請手続きを弊社で代行いたしますのでご安心ください。

Q5.合併浄化槽にすると、年間のランニングコストは変わるのですか?

A.単独浄化槽より合併浄化槽の方が総容量が増えるため、汲み取り清掃料金は若干上がります。金額は、現在依頼している清掃会社などへご確認下さい。

Q6.入替の工事費用を分割ローンで払いたいのですが、大丈夫ですか?

A.リフォームローンがありますので、ご相談ください。

Q7.なぜ浄化槽が割れてしまうことがあるのですか?

A.ほとんどの浄化槽はFRP製なので、経年劣化により槽本体が弱くなります。土圧、木や竹の根、ブロック塀等の構造物などにより本体に負荷がかかり、亀裂が入ることがあります。その亀裂から槽内水が漏れ出すと、汚水が地下に浸透してしまいます。

導入配管、マスも破損している場合が多くあります。合併浄化槽に入れ替えるときには、導入配管、マスも勾配を取り直し、新しい配管にします。

Q8.浄化槽の不具合があり入れ替える場合、同じ場所に合併浄化槽を入れ替えしても大丈夫なのですか?

A.新しく浄化槽を埋設する場所は既存の浄化槽を撤去したあと、不具合があった原因を考慮して再発しないよう施工します。最新の浄化槽は強度が上がっており、割れにくい素材で作られています。

Q9.入れ替える場所が駐車場なのですが、車が乗っても大丈夫ですか?

A.合併浄化槽の本体は2t車まで乗っても大丈夫ですが、場合によっては支柱を立てて工事を行います。

通常、弊社の新設する合併浄化槽はクボタ社の製品を利用しているのですが、設置施工にあたりクボタ社の製品は非常に優れています。

というのも、浄化槽の流入と流出の管の高さが同じ高さという設計で作られていること、そして基礎が必要とされている中でクボタ社では自社開発した基礎コンクリートの底盤があることが挙げられます。

施工では問題なく、配管・コンクリートなど、全て綺麗に仕上がり、お客様にもご納得いただけました。

自治体からの補助金を利活用することで、お客様のご負担金は限りなくゼロ円に近く工事を行うことができます。

単独浄化槽から合併浄化槽へ切替をお考えてのお客様は是非、一度ご連絡いただきますようお願いします。

弊社、有限会社スドウ工営では「どうして、市町村の自治体が補助金を拠出するのか」を考えてみました。

スドウ工営の見解:各地域自治体

大前提として、東京オリンピックやSDGsなど国際の機会が多い中で、世界を牽引する先進国日本として、衛生面に著しく長けていたい。という考えの中で、

「下水道本管を敷設する費用を拠出するのなら、合併浄化槽へ切り替え補助金を拠出した方が安く済む」という見解だと考えています。

スドウ工営にできることは何か

弊社は以前より浄化槽工事を小田原市、箱根町、湯河原町、葉山町、開成町、松田町、山北町、秦野市、厚木市、南足柄市、厚木市で行なってきました。

浄化槽メーカーのクボタさんとは長年にわたるお付き合いの中で、特価にて仕入れができるようになりました。

その特価で仕入れることが可能となった現在なら、お客様に低コストでの施工をご提示、施工ができるようになったのです。

先進国日本が最大限に発信できる2020年オリンピック開催や国際目標のSDGsを2030年までに達成しなければならない最中、地域で住み暮らす皆様のご協力で「おもてなし日本」「世界に誇る日本」の実現に繋がるとスドウ工営は確信しております。

単独浄化槽は、新設が禁止されております。

単独処理浄化槽は、汚濁負荷の大きい雑排水を未処理で放流するだけでなく、し尿による汚濁負荷も大きく、くみ取り便所を用いてし尿処理施設で処理される場合よりも逆に汚濁負荷を増大させるものであるため、公共用水域の保全に対して大きな弊害となっています。特に単独処理浄化槽が新設されれば、水環境の汚染が長期間固定することとなるので、早急に禁止する必要があります。このため、生活排水対策への社会的意識の高まりに対応して、単独処理浄化槽の新設禁止のために浄化槽法を改正し、平成13年4月1日より施行しています。

一方で、合併浄化槽とは?

合併処理浄化槽はトイレの汚水だけでなく、台所、お風呂の生活雑排水も一緒に処理する浄化槽のことです。BOD除去率90%以上、放流水のBOD濃度20mg/L以下になります。

初期のころは浄化槽の容量が大きく、設置には大きな敷地が必要で、設置する場所が限られていましたが、現在は小型化しています。

つまり、行政の見解では、下水道本管を敷設しない場所については単独浄化槽から合併浄化槽へ切り替えてください。という風に解釈することができます。

弊社では、自社バックホウ 、自社スタッフによる自社施工で確実な技術者が品質の高い施工をご提供いたします。

また、スドウ工営なら浄化槽メーカーからの買い付ける値段が非常に安く抑えることができます。独自ルートから仕入れているため、地域最安値の自信があります。

神奈川県内 小田原市、厚木市、山北町、秦野市、葉山町などの市町村で

単独浄化槽から合併浄化槽の切替工事は、是非一度弊社にお問い合わせください。

合併浄化槽とは?

公共下水道、農業集落排水施設、コミュニティ・プラントなどが整備されていない地域でトイレを水洗化するときに設置が義務付けられているのが合併浄化槽です。合併浄化槽の働きを一言でいうと「水洗トイレからの汚水(し尿)や台所・風呂などからの排水(生活雑排水)を微生物の働きなどを利用して浄化し、きれいな水にして放流するための施設」です。

合併浄化槽の性能は、BOD除去率90%以上、処理水質BOD20mg/L以下です。各家庭に設置できる小規模な装置で、公共下水道の処理場の二次処理と同程度の処理が可能になったのです。

※平成13年4月1日から浄化槽法が改正され、法律上では、合併浄化槽のみが「浄化槽」として位置づけされ、トイレの汚水のみを処理する単独浄化槽は、原則として新たな設置ができなくなりました。また、現在設置されている単独浄化槽を合併浄化槽に設置替えするよう努めなければならなくなりました。

※現在は「浄化槽」といえば「合併浄化槽」のみを指すようになりましたが、本サイトでは、単独浄化槽と合併浄化槽を混同するおそれがないよう、「合併浄化槽」という用語を使用しております。

単独浄化槽との違い

生活排水の一人一日当たりの汚濁物質量(BOD量)は40gと言われています。そのうち、トイレからの汚れが13g、台所・風呂・洗濯など生活雑排水の汚れが27gです。

単独浄化槽はトイレの汚水だけを処理する浄化槽で、生活雑排水は未処理のまま放流されてしまいます。単独浄化槽の性能はBOD除去率65%以上なので、トイレの汚れが13gから5gに減ります。しかし、生活雑排水の汚れはそのままなので27g、合わせると32gにもなってしまいます。40gが32gにしか減りませんから、実質的なBOD除去率はたったの20%ということになります。

●単独浄化槽

一方、合併浄化槽の性能は、BOD除去率90%以上なので、トイレと生活雑排水を合わせた40gがわずか4gに減ります。単独浄化槽に比べると、汚れの量がたったの1/8になります。

●単独浄化槽

「BOD(生物化学的酸素要求量)」とは

BODとは、水の汚れの度合いを示す代表的な指標です。

水の汚れというのは、水中の微生物から見ると栄養分であり、微生物も私たちと同じように、栄養分と酸素を必要とします。BODとは、微生物が水の汚れを分解するときに使う酸素の量で、BODの値が高いときには、栄養分=汚れが多いことを表しています。川や海、湖沼などで水中の酸素が使われて少なくなってしまうと、悪臭の発生や魚の大量窒息死などの問題が発生します。

通常、水に溶けている酸素の量は約10mg/Lですから、BOD40gの汚れを流してしまうと、分解するのに40gの酸素を使うため、約4,000Lの水が必要になります。

合併浄化槽の種類と仕組み

合併浄化槽の主な処理方式には、(1)BOD除去型と(2)高度処理型があります。高度処理型は、内湾の赤潮や湖沼のアオコの原因となる窒素を高度に除去できます。いずれも微生物の働きを利用して、家庭からの排水をきれいにするものです。

微生物には、酸素のないところで生きる「嫌気性微生物」と、酸素のあるところで生きる「好気性微生物」の2種類があります。合併浄化槽は、この2種類の微生物を組み合わせて利用します。

BOD除去型(嫌気ろ床接触ばっ気方式)

汚水はまず、「嫌気ろ床槽」に入ります。ここでは、汚水の中の浮遊物を取り除くとともに、「ろ材」に付いている「嫌気性微生物」が汚水の中の有機物を分解します。続いてもう一つの「嫌気ろ床槽(第2室)」に入り、同じ処理を繰り返します。

次に、「接触ばっ気槽」に入ります。ここでは、ブロワーから十分空気が送り込まれている状態の中で、汚水が槽の中を循環し、「接触材」に付いている「好気性微生物」が有機物をさらに分解します。

次に、「沈殿槽」に送り込まれて、汚水を浄化した微生物の塊(汚泥)は沈み、上澄み水を「消毒槽」へ送ります。

最後に、「消毒槽」では、上澄み水を塩素剤で滅菌・消毒し、衛生的に安全な水にして放流します。

合併浄化槽の種類と仕組み

高度処理型(脱窒ろ床接触ばっ気方式)

高度処理型では、「嫌気ろ床槽」の代わりに、「脱窒ろ床槽」というものがあります。ここでは、「嫌気ろ床槽」と同様に浮遊物を取り除き有機物を分解するとともに、窒素の除去を行います。

その他の「接触ばっ気槽」、「沈殿槽」、「消毒槽」の働きは上のBOD除去型と同じですが、窒素を除去するため、「接触ばっ気槽」の水を「脱窒ろ床槽」へ送り返しています。

水道工事の種類

それでは、施設の所有者が主導で実施する水道工事にはどのような種類があるのか?簡単に解説していきましょう。基本的に施設・敷地内の工事になりますが、一部、公共物である道路などが範囲に含まれる場合もあります。

給水管引き込み工事

上水が道路などに埋め込まれた水道本管で給水されていることは紹介しました。この上水を施設内に引き込むため、水道本管から分岐させた給水管を水道メーターまで配管する工事を「給水管引き込み工事」と呼びます。基本的に建物外の工事になりますが、住宅やオフィス・店舗を新築する場合、あるいは、水圧を高めるために「径の太い給水管に交換する」場合に必要な工事です。

給水管引き込み工事の責任・費用負担は施設の所有者ですが、実際に水道工事を実施する際には自治体の許可が必要。工事自体が大掛かりになること、申請が必要なことから、完成までに比較的長期間を要する水道工事です。水道本管が埋め込まれている位置によっては、道路を掘り返す工事も必要になるでしょう。

室内配管工事

水道メーターを経由し、室内に設置される蛇口までの給水管を配管する工事を「室内配管工事」と呼びます。建物を新築する場合であれば、施工時に室内配管工事も行われますが、キッチンの場所を移動したい、オフィス・店舗として利用するため蛇口の位置を変えたい、などの際に必要な工事です。

もちろん、敷地内の水まわりトラブルに対応するのも水道工事業者です。ただし、上述したように「蛇口・パッキン交換」程度であれば、自分自身で対応しても問題ありません。

下水道排水工事

ここまでの水道工事は「上水道工事」ですが、施設内の排水溝から公共ますまでに関連する下水道工事が「下水道排水工事」です。基本的には公共ますまでの配管工事ですが、リフォームなどで蛇口の位置を変更するなら、当然、排水するための排水溝の位置も変えなければなりません。排水溝の詰まり修理・清掃などであれば、工事は軽微ですが、場合によっては排水溝から公共ますまでの間に「浄化槽」の設置が義務付けられることもあります。給水管引き込み工事同様、比較的大掛かりになりがちな水道工事です。

水道工事に必要な資格

ここまでで主な水道工事の概要を紹介してきましたが、一部の例外を除き、それぞれの工事を施工するには資格が必要です。無資格の工事業者にうっかり発注してしまわないためにも、水道工事を施工するためにどのような資格が必要なのか?

給水装置工事主任技術者

水道本管から分岐する給水管や、蛇口を含む給水装置の新設・改造・修理・撤去に関連した工事全般を管理するための国家資格が「給水装置工事主任技術者」です。「水道局指定工事店」の認定を受けて上水道工事を施工するには、給水装置工事主任技術者の在籍が必須条件です。

下水道排水設備工事責任技術者

給水装置工事主任技術者とは反対に、下水道・排水管などの排水設備工事の新設・改造・修理・撤去に関連した工事全般を管理するための公的資格が「下水道排水設備工事責任技術者」です。下水道排水工事を施工する工事業者であれば、下水道排水設備工事責任技術者の在籍が必須。ただし、上水道工事のみの工事業者の場合は、資格保有者が在籍していない場合もあります。

管工事施工管理技士

管工事に関連する計画・管理業務を遂行する際に必要な国家資格が「管工事施工管理技士」です。資格保有者であっても給水装置工事の管理はできませんが、大型ビルの空調管工事などの施工時に必要です。一般家屋、小規模集合住宅を対象にする工事業者の場合は、在籍していないことがほとんどです。

水道技術管理者

国家資格などではありませんが、上水道を飲み水として供給するため、工事業者に設置を義務付けているのが「水道技術管理者」です。つまり、上水道工事を施工する工事業者は、少なくとも給水装置工事主任技術者、水道技術管理者の設置が、下水道工事も施工する工事業者は下水道排水設備工事責任技術者を設置しなければなりません。

下水工事とは

下水道は、キッチンや水洗トイレ、お風呂など家庭から出る排水はもちろん、工場などから出る産業排水を排水管から公共下水道管へ流し、排水処理場できれいな水に浄化し河川に放流しています。新築を建てた際や中古住宅の増改築を行った際には下水工事が必要になります。

下水工事で代表的なものといえば、汲み取り式トイレの水洗化や浄化槽から公共下水道への切り替え時、家庭の生活排水を公共下水道管に繋ぐ必要が発生した時、公共の下水道が通っていない地域の浄化槽設置などがあります。

しかし、浄化槽が設置されている家庭でも、下水道法に基づき地域で下水道が整備され供用開始になってから3年以内の下水管接続が義務付けられています。汲取り式トイレは水洗式トイレに改造、浄化槽を利用している家庭も直接下水道への切替をしなければならないので注意しましょう。

●浄化槽と下水道はどちらが良い?

新築や建売住宅を購入した時、浄化槽と下水道への接続はどちらのほうが良いのか迷うこともあると思います。特に気になるのは、費用面や衛生面、使い勝手の部分でどちらのほうがおすすめなのかといった点でしょう。

●浄化槽と下水道の費用はどちらがお得?

まず、費用の面ですが、浄化槽には維持費(清掃代など)と消耗品費(ポンプやろ材など)があります。一方、下水道にも家庭によって異なる公共の水道料金、下水の接続工事費用などがかかります。もし、半永久的に浄化槽のままということであれば、費用に大きな差はないかもしれません。

しかし、浄化槽を設置したあとで下水道の整備が完了し共用出来るようになれば、義務として下水道への切り替えが必要になります。浄化槽の撤去費用のほか、浄化槽の汚水と雨水の配管が分けられていなければ分離費用もかかるので、工事費用がかさむ可能性が高いです。

下水が整備されていなければ浄化槽の設置は必須ですが、その地域の下水が今後どのようになるか(自治体によって水道代より浄化槽の維持費のほうが安いなど)をしっかりチェックしておかないと、二重に費用がかかる場合があるので注意しましょう。

●臭いや害虫は?

続いて衛生面です。浄化槽の場合は、年に1、2回程度は浄化槽内の汚水を汲み取る機会があり、近隣も浄化槽で統一されていることから全体的に浄化槽の周辺が臭うことがあります。不衛生ということはなく、臭さが耐えきれないほどでもありませんが、頭に留めておきたいポイントです。

下水は下水管が配備されるので、下水管を伝って害虫が室内に侵入しやすい構造になっています。もちろん、害虫対策をしっかり行えば被害を防ぐことは出来ますので、これだけで下水への接続を躊躇うことはありません。

●浄化槽と下水道はどっちが便利?

最後に使い勝手の面です。下水にすると水洗トイレで子供にも高齢者にも使いやすくなります。また、モーターの音なども気にならなくなるので、利便性の面でもストレスが無くなるでしょう。さらに浄化槽は定期メンテナンスで業者が訪れるので、対応が面倒という声もあります。

浄化槽と下水道のどちらが良いかは個人の感じ方や優先度次第でしょう。しかし、浄化槽を選んでもいずれ下水道になるパターンが多く、自治体管轄で安心安全という面でも、長期的にみて下水道をおすすめします。

●下水道工事を行うメリット

下水工事を行うとどのようなメリットがあるのかもまとめました。浄化槽から下水道に切り替えることの主なメリットには、

●ドブがなくなり害虫の発生を抑えられるので衛生的

水洗トイレは子供や高齢者にも使いやすい

汲み取り式トイレのモーター音がなく騒音の心配なし

バクテリアに酸素を送るブロア装置などの電気代がかからない

浄化槽維持・管理の手間や費用が不要

臭いが気にならなくなる

河川の水質汚染が防げてエコ

浄化槽があった場所の有効活用が可能

などがあります。浄化槽には耐用年数があり、定期メンテナンスを行う中で劣化が認められれば交換費用がかかるため、長い目で見ると、下水道工事を行ってしまったほうがかかる費用や手間はお得と言えるでしょう。

●下水道工事の費用相場

新築の下水道引き込み工事の費用相場

新築を建てた時は、新たに下水道の引き込み工事をしなければなりません。この時注意しなければならないのが、自宅近くの敷地に公共下水道管の公設マスがあるかどうか、という点です。掘削する費用があるかどうかもこれによって変わるので注意してください。

まず、近くに公共下水道管の公設マスがあれば、下水道の引込工事は30万円~50万円前後で済みます。しかし、公共下水道管の公設マスが道路の反対側にあったり、土地の前まで来ていない時は、別途で費用が必要になり、50万円~80万円近くになることもあります。

各市町村や専門業者、新築の建築に携わった住宅メーカーなどに確認・相談しておくことで、ある程度の費用相場は事前に把握することが出来ますので、早めにはっきり知りたいという時は相談すると良いでしょう。

●トイレのリフォーム工事にかかる費用相場

下水道工事に伴うトイレリフォームの費用も、状況によって大きく変動します。まず、合併浄化槽式トイレから公共下水道に切り替える工事は、10万円~20万円程度と一番費用が安く済みます。理由は、汚水と生活排水の排水管が分離していないため、その配管をそのまま公説マスに接続すれば良いためです。

続いて、浄化槽式トイレから公共下水道に切り替える工事は、トイレはすでに水洗なので30万円~40万円程度でリフォーム可能です。一番費用がかかるのは、汲み取り式トイレから公共下水道に切り替える工事の場合。

この場合はトイレ自体のリフォームが必要になるため、50万円~60万円前後がかかります。ただ、水洗トイレになると使い勝手が良いだけでなく臭いがなくなるので、長い目で見ると決して高い費用ではないでしょう。

●浄化槽から下水道への切り替え工事の費用相場

浄化槽から下水道への切り替え工事には、役所への申請が必要になります。その上で、浄化槽の部分撤去工事、排水設備工事、浄化槽埋め戻し、公設マス接続工事などにかかる費用がかかります。問題なく公設マスが近くにあれば、費用は全て込みでも30万円前後です。

ただし、工事の環境や配管状況によっては50万円~80万円程度かかることもあります。

●下水道工事で使える補助金

各市区町村によっては、快適な生活環境の確保・公共用水域の水質汚濁防止及び浄化の促進を目的に、下水工事に対しての助成金・補助金を交付しているところもあります。補助金・助成金の交付を受けるにはいくつかの条件があります。

例えば、支給した補助金でかならず水洗トイレへのリフォームを実施すること、公設マスに接続する住宅が2戸以上あること、これまで補助を受けて共有管を設置したことがない、市民税や固定資産税など個人の税金をきちんと完納していることなどが挙げられます。

この条件は市区町村や自治体によって異なり交付される額や期間も違うので、自分の住んでいる地域に下水工事の補助金制度があるかどうか、どのような条件があるかなどはホームページで事前に確認しておきましょう。

水道工事はどんなことをする工事??

水道工事には、 「給水管引き込み工事」と「屋内配管工事」の2種類があります。

給水管引き込み工事とは、お家に面した道路に埋設されている 水道管から敷地内に水道管を引き込む工事です。

屋内配管工事とは、※水道メーターから風呂やキッチンなどの 水回りまで配管を伸ばして接続したり、

蛇口や止水栓、 排水管の設置をする工事です。

水道引き込み工事費用はいくらくらい??

給水管引き込み工事:30万円~80万円

屋内配管工事:10~20万円

給水管引き込み工事は、お家に面した道路の下に 既に水道管が通っている場合、

そこから水道管を 引き込めばいいので工事費用も相場程度に 抑えられる場合が多いです。

しかし、敷地に面した道路や隣接する道路に水道管が通っていない場合は、水道管を延長してお家まで水道管を

伸ばさないといけませんので、 その分別途費用がかかってしまいます。

水道管の距離が長い場合は100万円以上かかることもあるので、事前に

ハウスメーカーさんなどに確認することをおすすめします。

また、道路の舗装の品質によっても大きく変わるんです。

バスが通る道や国道などは、舗装がとっても丈夫なつくりをしています。

元の状態に戻すのだけでも何十万円もかかります。

屋内配管工事は一般的な木造4LDKですと相場の費用程度で 工事できる場合が多いですが、大きな家や二世帯住宅など 1つの家にお風呂、トイレ、洗面所が2つずつあるような場合は、 配管する場所が増えるので費用がかかってきます。

配管の数が増えたり、長さが必要な場合、また道路の質によって 工事費用が大幅に変わってくるんですね。

生活インフラについて

電気やガス、水道や下水配管が主な調査項目ですが、

電気やガスについては、現状が山林や田畑でない限り

引き込みや使用について大きなコストがかかることはまずありません。

ライフライン調査のうち、私たちが最も知りたいのが

上水道や下水配管の宅地内引き込みの有無や口径です。

もし、計画地に上下水配管が無い場合には

前面道路の本管から宅地までの引き込み工事をおこなう必要があります。

引き込み工事をおこなうためには

一時的な道路の通行止めや交通規制が必要ですし、

道路舗装(アスファルト)の仮復旧や本復旧工事もおこなわなければなりません。

水道本管の位置や道路幅員など、案件毎の条件にもよりますが、

引き込みには数十万の工事費用が必要となり、これらは事業主(施主)負担です。

ですから、私たちは詳細な調査をおこなって、予算組みをすることにしています。

またこれまでに建物が建っていた土地や、古い分譲地などでは、

宅地内の引き込み配管はあるものの、配管の口径が細い(13ミリが多い)場合や

鉛管を使用していることもあり、新たに引き込み替え(一般住宅なら20ミリ以上)

が必要なケースもあります。

下水道も同様に、宅地内に汚水最終マス(前面道路の下水本管と接続済)が無い場合には

引き込み工事が必要となります。

最近の汚水最終マスは市のマークの入った小口径マスとなっています。

古い宅地では、昔の鋳物製やコンクリートマスが使われていることもあって、

小口径枡に取替える費用も見ておかなければなりません。

分流式の場合、雨水と雑排や汚水は別に分けて排水します。

合流式は、汚水と雨水を同じ管路で一緒に下水処理場まで送る方式です。

道路に降った雨水も家庭内も汚水も一緒に下水処理場に流れ込みます。

市町村・エリアによって排水方法も異なるので管轄する市町村の窓口にて調査する必要があります。

舗装工事とは

普段から目にする道路にあって、舗装の果たす役割には大きく3つの役割があります。

⓵路面を設けることにより、雨天時の泥濘化(でいねいか)や乾燥時の砂塵を防止し、快適性を保持します。

⓶路面を平坦にし、適度にすべり抵抗を持たせ車両の走行や人の歩行時の快適、安全性を工場します。

⓷周辺の環境に合わせ舗装材を使用することにより、良好な景観や環境を創出します。

道路舗装の機能が相当期間維持するには、交通荷重や環境に対する耐久性が必要になります。

そのためには、舗装の基礎となる、路床や路盤には荷重を十分に支持出来るように築造しなくてはいけません。

道路は、普段目に見えているアスファルトだけでなく、その下には何層にも重ねて築造され、初めて表面のアスファルトやコンクリートが出来ています。

●道路舗装の構造について

舗装がどのような作りになっているかと言うと、大きく分けて3つ~4つの層に分けられます。

普段皆様が目にしているアスファルトやコンクリートで出来ている層を『表層』と言います。

その表層の下の事を『基層』、

更にその下に『路盤』と呼ばれるものがあります。

中でも『路盤』には、『上層路盤』と『下層路盤』に分けられることがあり、舗装は3~4層の材料から構成されています。

舗装の最下層(路盤の下)には、『路床』と呼ばれる土で出来た層があります。

表層に載荷された交通荷重は、上層から下層へ伝わる事により、荷重を分散していきます。

荷重分散を図る事が土木設計の基本となります。

道路に舗装が出来始めた当初は、単に人や車が走行し、便利になれば良いものでした。

近年では、AIの発展により仕事の多様化や人種の多様化など色々なところで多様化が求められる時代になってきています。

土木業界の舗装も、技術の発展により、様々な舗装が出てきており、ただ便利なだけではなく、その地域に沿った材料や使用する施設のデザインに合わせた舗装など、舗装も多様化が進んできております。

水道引込工事とは

水道のない土地に、道路から水道管を引き込む工事です。

水道管を地下に通すために道路を掘削し、配管を設置し、埋戻しをします。

既に水道菅が通っていても、引き込みをし直さなければならない場合もあります。

このような場合は水道引込工事が必要

  • 水圧が低い。水圧を上げるために太い水道管を引き直します。

  • 水道管が古い。老朽化していると、破損の原因となります。

  • 水道管が分岐しており、他人と共有している。

  • 他人の敷地を通っている。

水道引込工事が高くなる要因

幹線道路沿い

幹線道路沿いは、交通量が多いので工事には交通整理が必要になってきます。

交通整理を行うガードマンの分の人件費も工事費用にかかってきます。

また、幹線道路は耐久性を高めるために通常よりも厚く設計されているので、掘削の工事費用も高くなります。

水道管を引き込む距離が長い

水道管を引き込むには、地面を掘削し、水道管を設置して埋める作業が必要になるので、この距離が長いと工事費用も高くなります。

実例 こんなに費用が掛かったことも

交通量のある幹線道路沿いであったため、夜間工事を行わなければいけません。

さらにガードマンが2人必要であったことで人件費が高くなりました。

そして、幹線道路なのでコンクリートが厚かったことで工事費用も増えてしまいました。

水道引き込み工事とは

「引き込みってどういうこと?」

道路の中には、水道本管という水道管があちこちに走り巡っています。

私たちが家の中で水を使うためには、この水道本管から水を引っ張ってくる必要があるのです。

そうすることで、初めて蛇口から水が出てくるのです。

水道引き込み工事は、この水道本管から家の敷地の中に引き込むまでの配管の分岐工事の事を指しています。

水道管の口径種類

前面道路の水道本管の口径は100mmだったり、田舎のほうへ行くと50mmだったり様々です。

そこから敷地内に引き込む水道管の口径は、昔は13mmが多かったのですが、現在は一般的に20mm・25mmが主流になっています。

実際の工事内容

道路を覆っているアスファルトをまず剥がして、掘削開始。

水道本管を見つけたら、敷地の中まで新しい水道管を配管後、土を戻して元通りのアスファルト舗装に復旧します。

その際に、アスファルトが分厚かったり、範囲が広かったりすると、工事費用に響いてくるのです。

水道引き込み工事

水道の引き込み工事の相場としては30万~50万円くらいかかるといわれています。工事費用の内訳としては、1m引き込むのに1.5万円(20mm口径の場合)程度かかるので、水道本管から敷地内までの距離が20mあるときは、約30万円という計算になります。水道本管から敷地内までの距離は土地によって違いますので注意してください。

また、一般的な水道管の口径は20mmですが、二世帯住宅など家族の人数が多いときは使う水量が多くなるため、業者に25mmの水道管をおすすめされることがあります。25mmのほうが部材費用が高くなりますので、相場よりもやや高めの費用になるでしょう。

4tその土地には水道、ガスの配管が整備されているか?

住宅を建てるためには、敷地の中に水道やガスの配管が引き込まれていなければ、住宅の中で水道を使ったり、ガス器具を使うことができません。(ガス器具を使う予定がなければガス引き込み無しでも可)

土地選びをする際に注意しなければならないのは、水道やガスの配管が「敷地内に引き込まれていない」というケースです。実は、住宅用地だからといっても、必ずしも配管が整備されているとは限りません。例えば、水田や畑など一度も家が建ったことのない土地では、水道もガスも整備されていないのが普通です。また、以前に家が建っていたとしても、前の家がオール電化の家で、ガス配管を引き込まなかったというケースもあります。

もしも、水道やガスの配管が敷地内に引き込まれていなかった場合、通常は「買主の負担」で水道やガスの配管工事を行わなければなりません。土地代とは別に、家を建てる準備として、このような費用が必要になってしまうのです。きちんと整備されている土地であれば、必要ではなかった負担になりますので、土地の条件は設備の配管状況までしっかりと確認することが必要です。

水道やガスの引き込み費用はどのくらいかかる?

水道などの配管が敷地内に整備されてはいなくとも、立地条件などで、どうしてもその土地を購入したいということもあるでしょう。その場合には、どのくらいの費用が必要なのでしょうか。

一般的には次のような費用が必要であるとされています。

・水道の引き込み工事・・・20万円~40万円

・ガスの引き込み工事・・・10万円~20万円

道路から敷地内への距離や経路により費用が変わることもありますが、この費用が必要か必要でないかは、大きな差額がでてしまいそうですね。土地の価格だけに惹かれることなく、このような部分も注意深く確認しましょう。

電柱がある土地はあきらめるべき?

いいなと思っている土地に、電柱が立っていることがあります。道路に面した端のほうに立っている場合は、それほど景観にも影響もないものですが、土地の中央に近づくほど、景観的にも車の出入り的にも不便になります。

「電柱でどうにもできないものだよね」と考えている人が多いかもしれませんが、実は電柱は「移動できる」こともあるのです。すべての電柱が移動できるということではないため必ず確認が必要ですが、聞いてみる価値はあります。

問い合わせは、電柱に記載されている電力会社が管轄となっており、移動の希望を伝えることで可能かどうかを調べてもらえます。

しかし、ここで1点だけ注意が必要です。電柱の移動が可能ということは、その電柱は別の他人の敷地前に移動になると考えられます。移動先の住人が許可しなければ移動はできませんし、近隣トラブルに発展することもあり得ます。「移動先がどこになるのか」は必ず確認するようにしましょう。また、電柱の移動は基本的には費用はかからないことになっています。

「土地の価格が安かった」と思っていたら、まったく別の費用がかかってしまい、住宅の予算が少なくなるということもあります。

有限会社スドウ工営のSDGs 宣言

社会から信頼される企業であり続けるために、私たちのインフラソリューションで特に貢献できるSDGsの目標10つを特定し、事業を通じてそれらの目標を達成に向けて推進します。

To keep being trusted by society, our company picked up the 10 goals of SDGs that we can contribute specifically with our infrastructure solutions. We will work to achieve those goals through our business.

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択され「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの全世界の目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

スドウ工営のSDGsの取り組みについて

弊社として、以下の10つの目標達成に向けて取り組んでおります。

GOAL5 : ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

GOAL6 : すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

GOAL7 : すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

GOAL8 : すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する

GOAL9: レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る

GOAL11 : 都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

GOAL12 : 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

GOAL14 : 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

GOAL15 : 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

GOAL17 : 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

上記の10つのゴールに積極的に取り組みます。人間らしい生活ができるよう生命の危機を感じることのない最低限必要な環境を整えることはその他7つのGOALにも直結する重要なミッションであります。

SDGsをビジネスにつなげる

SDGsの取り組みはボランティアでは継続ができません。持続可能な開発目標である上で、日本人がもっている「世のため人のためが自分のため」といった普遍的な価値観を形にし、皆が皆幸せに、WIN WINとなれる仕組みがあってこそ持続可能な社会の実現と企業の持続的発展が両立できることになると考えます。

【工事担当者】 当工事は、松田町の単独浄化槽から合併浄化槽への切替工事になります。 弊社は浄化槽メーカーである株式会社クボタから年間を通して1事業者で1番浄化槽を仕入れたと評価されました。弊社では年間100基近くクボタ浄化槽を仕入れ施工している経緯より評価されたものであります。 弊社は申請から造成インフラ工事まで一式自社施工のため、スピードが他社と異なります。 弊社は神奈川県全域・東京都・静岡県と広域にわたり上下水道の許可を得ておりますので、広域で施工が可能です。 弊社では上水道の引き込み工事を最短行うことができます。全てが自社施工ということからスピード感があり安価に仕上げることができるのです。 自社の建設機械と自社施工なので、品質管理はもちろん、安全性や経済性にも考慮して最善を尽くして全ての現場に望んでおります。 そのため、今回も自社のバックホウと自社のダンプトラックにて掘削及び運搬そして配管工事に使う穿孔機も全て弊社の自社持ち物となっております。 早い!安い!給水管引き込み工事をお求めのお客様は有限会社スドウ工営へ! 給水工事・水道工事・舗装工事・土木工事は是非スドウ工営にお問い合わせください!

有限会社スドウ工営 https://sudou-kouei.co.jp/

有限会社スドウ工営(外構エクステリア) http://sk-garden.jp/

有限会社不動産事業部 http://sudoukouei-realestate.com/

有限会社スドウ工営(解体工事) https://www.sudo-koei.com/

有限会社スドウ工営(浄化槽工事) https://www.joukasou-tatsujin.com/

Lismica(リフォーム) https://lismica.jp/

キレっとリフォーム(リフォーム) https://kiretto-reform.com/

【Tポイント】

有限会社スドウ工営では、工事の支払いに関する支払いに準じてTポイントが貯まります!また弊社の支払いでTポイントを使用することもできます!

通常時は、200円=1ポイント! キャンペーン中は、100円=1ポイント!

【クレジットカード決済】

有限会社スドウ工営では、工事金額の支払いがクレジットカード決済することが可能です!

指定ブランドのカードをお持ちの方は、是非キャッシュレス決済をご利用ください。

【指定工事店及び指定水道業者】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●東京都

東京都全域

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など

【排水設備指定工事店】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など


【取り扱いメーカー】

リンナイ・TOTO・ノーリツ・タカラ・リクシル・ハーマンなど

申請から設計、施工まで大小問わず、どんな工事でも承ります。

ご相談・お見積りはご気軽にどうぞ。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方で【Tポイントカード】をお持ちの方にTポイント還元をさせていただいております。Tポイントが、貯まる!使える!リフォーム工事店です。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方でクレジットカード決済をご希望の方は、クレジットカード決済をすることができます。増税後のキャッシュバックにも対応しております。

弊社は1から10まで一括して自社施工!

経験豊富かつ有資格者のスタッフが多数!

自社機械も多く備えている為、無駄な外注費がゼロ!

コスト抑制は弊社にお任せください。

パッキン交換から大型リフォームまで、お住まいづくりに関するご質問・ご不明点・打合せなど

些細な事でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

また、弊社HPにも施工事例を多数掲載しておりますので、

イメージ作りにお役立ていただければ幸いです。

【公式ホームページ】https://sudou-kouei.co.jp/

////////////////////////////////

Tel 0465-39-2021

fax 0465-39-2025

////////////////////////////////

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示