検索
  • 現場代理人|浄化槽の達人

単独浄化槽から合併浄化槽へ切替工事

【工事場所】 葉山町 上山口

【工事期間】 2021.05.10-2021.05.11

【工事内容】 浄化槽工事,合併浄化槽工事,単独浄化槽工事,浄化槽設置工事,浄化槽撤去処分工事,排水設備,配管工事

【SDGs達成】 No.11・No.14・No.15・No.17

 

単独浄化槽から合併浄化槽へ切替工事

給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換
給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

単独浄化槽から合併浄化槽へ切替工事

給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換
給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換

単独浄化槽から合併浄化槽へ切替工事

給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換
給水管閉止,給水管引き込み,給水管撤去,舗装工事,雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,擁壁工事,擁壁逃げ配管,伐採,抜根,ブロック積み,舗装工事雨水引き込み工事,給水引き込み,下水道引き込み,雨水取り出し,水道取り出し,下水道取り出し,公共マス入れ替え,給水管延長配管工事,下水道切り替え,下水道工事,公共ます,公設ます,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,下水道引き込み工事,下水道取り出し,雨水取り出し,雨水引き込み工事,本管布設工事,配水管布設工事,越境,水道管,水道管越境,隣地,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,水道工事,給水工事,給水閉止,水道閉止,舗装工事,給水管引き込み,給水管取り出し,給水管取り出し工事,水道管取り出し工事,新築,掘削工事,引き込み工事,水道引き込み,水道取り出し,,道路掘削,本復旧,水道工事,浄化槽撤去,浄化槽解体,単独浄化槽切り替え,合併浄化槽切り替え,コンクリート打設,コンクリート駐車場,下水道切り替え,雨水配管工事,人力掘削,下水道切替,浄化槽工事,単独浄化槽,エコキュート,畳,襖,外壁,台風,補修,塗装,下水道切替,合併浄化槽、ガス工事,水道工事,取り出し,引き込み工事,漏水工事,管工事,リフォーム,エクステリア,浴室,浴槽,解体,下水道切替,水道工事,ガス工事,配管工事,公共マス撤去,床暖房工事,給湯器交換


 

老朽化した水道管に要注意!

昭和40年代以降の高度経済成長期を中心に整備された水道は、全国での普及率は97.9%(平成28年度)。その水道管の老朽化が、今深刻な問題となっています。

中には明治時代に敷設されたものもあるという水道管。耐用年数を超えて使用していることで引き起こされる事故が、全国各地で相次いでいます。

深刻な社会問題となっている水道管の老朽化

厚生労働省の資料によると、法定耐用年数(40年)を経過して使用している水道管の割合は年々増え、平成28年度の時点で「今後20年間で更新が必要な水道管は全体の23%程度にのぼる」と予測されています。

重要なライフラインである水道を守るためには老朽化した水道管の更新が欠かせません。しかし、その工事は追いついていないのが実情です。

人口減少や節水機器の普及、飲料水を購入する人の増加などにより、家庭での水道からの使用水量は減少しています。市町村などが運営する水道事業の収入も減少し、人出も足りず予算もないという状況に陥っているのです。

しかし老朽化した水道管が破裂すると大量の水が噴出したり、修繕のために断水したりと、甚大な被害と広範囲にわたる影響が出てしまいます。

日本水道協会による水道統計によると、水道管の老朽化による破裂などの事故は、毎年全国で2万件以上も発生しているのです。

全国で起きている老朽化した水道管の事故

道路の下で水道管が破裂すると、水圧でアスファルトが持ち上がって道路に亀裂が入り、裂け目から水が噴出して周辺が冠水してしまいます。周囲の住宅では蛇口から出る水道水が濁ったり、水道管からの漏水を止めるために断水したりという被害が起こります。通行止めや周辺道路の渋滞により、物流に遅延が発生するケースも起きています。

また水道管が破裂したことでガス管や地中のケーブルにも被害が及ぶことがあります。

断水以外にもガスや電気が止まる事故が、近年多発しているのです。

公道からの漏水を発見したら

まずは市町村の水道局などの水道事業窓口に連絡しましょう。特に冬季は、漏れ出した水が凍結すると周辺でスリップ事故などを誘発するため、早急な対処が必要になります。

道路から自宅敷地内の漏水を発見したら

公共の道路から家庭の敷地内に引き込まれている水道管は、水道メーターより公道側は市町村の水道局など水道事業者の管轄になります。水漏れがあっても、基本的に水道局などが応急処置をしてくれます。ただし、植木などで掘削できない場合やタイル・石などが張ってある場合は、自費負担で復旧する必要があります。

一方、水道メーターから蛇口などの給水装置までは個人の所有物となり、自分で更新したり修繕したりして適切に維持していかなければなりません。水漏れが起きた際は、指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

突然の断水を想定しておく

自然災害に備えるのと同様に、水道管破裂による断水は予期せず起こる漏水・断水にも備えが必要になる時代なのかもしれません。

大人1人につき、1日2〜3リットル(食べ物の中の水分も含む)の飲料水が必要と言われています。さらにトイレや歯磨きなどの生活用水として、1日3リットル×家族人数分の水を備蓄しておくようにしましょう。

家庭の水道管の耐用年数

公共事業として敷設した水道管の法定耐用年数は40年ですが、これは減価償却費を計算する上での基準年数です。家庭の敷地内に敷設されている水道管は、近年では硬質塩化ビニール(塩ビ管)が使われることが多く、こちらの耐用年数も40年程度と言われています。家庭内の水道管も40年程度が経過すると老朽化が進み、更新が必要となるのです。

しかし水道管の耐用年数は、素材や土壌、使用条件によって大幅に変わります。古い建物には今でも赤サビの出る水道管が使用されている場合もあります。

水道管が敷設から40年近く、あるいはそれ以上経過している場合は、信頼できる水道業者に点検をしてもらうことをおすすめします。経験豊富なスタッフであれば、「もうすぐここから水漏れしますよ」と預言者のような指摘をするかもしれません。これは脅しやあおりではなく、老朽化した水道管では実際によくあるケースです。

老朽化した水道管は、本来であれば公共の水道事業と同様に、漏水などのトラブルが起きる前に更新工事を行うのがベターです。気づかぬうちの漏水でムダな水道代を支払ったり、予定外の工事や断水に振り回されたりすることなく、計画的に工事を進めることが可能になります。

しかし「壊れていないのに更新するのはもったいない」というお考えの方や、「業者に点検を頼んだら強引に更新工事をすすめられそう」と不安を感じる方もいらっしゃることでしょう。

それでも万が一に備えた最低限の対策として、24時間受付・365日対応かつ運営がしっかりしている(明朗な見積もりを提示する)水道局指定業者の連絡先を調べておくようにしてください。

普段あまり考えることのない水道管ですが、水道管は年月とともに劣化していきます。これを機に家庭でも水の備蓄の見直しと水道管の点検・更新を検討してみてはいかがでしょうか。

耐用年数とは

住宅は年月の経過とともに、様々な箇所の劣化が現れてきます。

築年数が経った住宅のリフォームを検討される方は多いと思われます。

その際、「耐用年数」という言葉を耳にされることがあるかと思います。

耐用年数とは機械や設備などの固定資産が、使用に耐えられる期間として法的に定められた年数および、「減価償却」の計算期間を定めたものです。

つまり、機械や設備などがどのくらいの期間(年数)、問題なく安全に使用し続けることができるかを示した、寿命のようなものだと思ってください。

※減価償却

減価償却とは、経理上一度に経費計上せず、数年に分けて費用を計算する方法のことです。

水道の配管の耐用年数

耐用年数は、機械や設備などが安全に使用できる目安です。

もちろん上下水道の配管にも耐用年数が設けられています。

水道管には様々な素材が用いられており、給水、下水の各配管の素材もそれぞれ異なります。

給水管の耐用年数

給水に使用される配管は主に以下の3種類です。

耐用年数は3種類とも大体40年程度といわれています。

昔使われていた「鉄管(鋼管)」は近年使用されることが少なくなり、「ポリエチレン管」や「塩ビ管(HIVP管)」が主流となっています。

ポリエチレン管:40年(実使用年数:40~60年)

硬質塩化ビニル(塩ビ管):40年(実使用年数:40~60年)

鉄管(鋼管):40年(実使用年数:40~70年)

下水の場合

下水に使用される配管は主に以下の2種類です。両者ともに、耐用年数は40年とされています。

ヒューム管(鉄筋コンクリート管):40年(実使用年数:40年)

硬質塩化ビニール(塩ビ管):40年(実使用年数:40~60年)

※実使用年数

実使用年数とは、厚生労働省が公表している実使用年数に基づく、更新基準の設定例の値のことです。

耐用年数が水道工事を行う目安になる

水道管も含めて、資産となるものには耐用年数が定められています。

ほとんどの水道管の場合、安全に使用できるのは約40年とされています。

耐用年数が過ぎた水道管を使用し続けていると、水道管の劣化により、何らかの不具合が現れ、水漏れなどが起こる可能性が高いでしょう。

そのため、水道管に定められている耐用年数は、水道管の交換などを行う目安といえます。

なぜ水道管を交換しなくてはいけないのか

ご家庭で使用されている水道水は、道路の下に埋め込まれている本管(配水管)から分水栓、給水管を通って、各ご家庭の蛇口から使用されています。

宅地内に取付けられている「水道メーターボックス」を除く、分水栓から蛇口までの給水装置は個人の所有物とみなされます。

水管も各ご家庭の排水口につながる「私設汚水ます」とともに、個人の所有物となります。

従って、蛇口、排水口から上下水道の本管につながるまでの水道管および排水管は、自治体の管理ではなく、各ご家庭で維持管理を行うことになります。

耐用年数が過ぎた水道管は危険

水道管は、ほとんどのものが地中に埋め込まれています。

そのため、日常的に私たちが目にすることはなく、水道管の劣化状態や、不具合を頻繁に確認する機会はほぼないに等しいといえます。

多くの場合、水道管や水道水(サビによる赤水など)に何らかの不具合が現れてきたとき、劣化に気付いて地中を掘り起こし、水道管の状態を確認するということが多くなりがちです。

基本的に水道管には耐水性がありサビにくい素材で作られています。

しかし年月の経過による劣化は、避けることはできないと考えてください。

水道管の不具合は主に、老朽化や凍結による水漏れは、以下の4つのような原因が挙げられます。

水道管内部の劣化(サビや腐食)による水漏れ

水道管にひびが入ったことによる水漏れ

水道管同士を接続する、ボトルの緩みによる水漏れ

冬季の水道水の凍結で、水道管の破裂による水漏れ

耐用年数が過ぎた水道管をそのまま使用し続けていると、目に見えないところで大きな水漏れが起こってしまいます。

そうなると業者による処置も大がかりになるため、工事費用が高額になります。

さら、隣接するご近所の方にも迷惑をかけてしまうことも起こり得ます。大規模な水道トラブルにならないためにも、耐用年数の経過した水道管の交換は必須なのです。

鉛管は漏水や健康被害の危険性がある

「鉛管(えんかん)」(耐用年数60~75年)は、塩ビ管が普及する1940年代(昭和20年代)まで多くのご家庭で使用されていました。

そんな鉛管は現在すでに耐用年数が経過していますることになります。鉛管を使用している家庭は新しい水道管に交換しなくてはいけません。

鉛管は経年劣化すると鉛が水に溶けだすという健康面の問題があり、現在は使用を禁止されています。

1940年代以降は鉛管が使用されることはなくなりましたが、今現在も、鉛製の給水管を使用しているご家庭が少なからず存在しているのが現状です。

こうした状況を改善すべく、平成24年に厚生労働省は、「鉛製給水管布設替えに関する手引き」を策定しました。

また各自治体でも鉛製給水管の取替工事を行っていますので、詳細については、お住まいの自治体に問い合わせてみてください。

水道工事を業者に依頼するときのポイント

水回りのトラブルは素人が対処するのは難しいため、業者に工事を依頼するほうが安心です。

水道トラブルが起こる前に、業者に工事を依頼するときのポイントをおさえておきましょう。

1.水道工事は指定業者に依頼する

お住まいの地域には、多くの水道工事業者がいると思います。

そのため、工事をどの業者に依頼すればよいか分からない、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

信頼できる業者であることの目安となるのが、依頼する業者が「指定給水装置工事事業者」であるか、というところです。

指定給水装置工事業者は、各地域の水道局から給水装置工事を適正に施工できると認定された業者を指します。

水道工事に必要な資格を持つ作業員が在籍していますので、非指定業者と比べると安全といえます。

指定給水装置工事業者は自治体のホームページで確認することができます。

少なくとも2~4社程度から相見積りを取り、工事費などを比較検討してください。うすることで、納得のいく工事価格で、適切な工事を行ってもらえるでしょう。

2.アフターフォローを行っているか確認

水道工事に必要な資格や施工技術があり、適切な工事価格で工事を行ってくれる業者であることが大切なポイントになります。

そして業者を選定する上で、工事後のアフターフォローを行ってくれるかも重要なポイントになってきます。

水道工事は、工事後も再びトラブルなどが起こる可能性が高い工事といわれています。

そのため工事後も点検やサポートをしっかりと行ってくれる業者であれば、緊急時にもすぐに対応してもらえるので安心ですよね。

工事を依頼する前にアフターフォローの有無についても確認しておきましょう。

3.自宅の近くにある業者を選ぶ

水道工事は緊急性が高い工事が多いため、できるだけご自宅の近くにある業者を選んでおくほうが安心です。

水道管からの水漏れなどが起こると、早急に水を止める処置をしなければなりません。

ご自宅から遠いエリアにある業者ですと、連絡をしてから修理をするまでに時間を要し、状況が悪化することが懸念されます。

さらに、出張費が高くなる可能性もあります。

水道業者は緊急時に備えて何か異常が起きた際、すぐに駆けつけてくれる近くの業者を選ぶことをおすすめします。

マンションの排水管の更新工事の目安

排水管の寿命を決める要素は、どのような排水をしているか、配管の種類、築年数などです。更新工事で排水管を新しく取り換えるのか、更生工事で補強するのかを現地調査をして確認する必要があります。

築年数で見ると築10年以内であれば、特にトラブルの症状はないので、年1回の排水管の洗浄を行うことで状態は維持できます。

築20年になると、排水の仕方によっては台所の配管に油類や汚れが付着するので、配管の更生工事が必要です。この時期は共用部や専有部の更生工事、または更新工事が必要です。

築30年になると台所だけでなく、浴室や洗面所の配管で詰まりや漏水が発生し始め、配管内部に錆が出て、赤水になったりします。

築35年ではさらに排水管のトラブルが頻繁に起こります。

築30年から35年は更新工事の時期で、場合によっては更生工事になります。埋設配管の更新が必要なこともあり、大規模改修の時期でもあります。

築年数だけでなく、実際に排水管にトラブルが発生し始めたら、管内診断、調査が必要です。

例えば排水管が流れないときは、破損している可能性があり、音が聞こえたり、屋外の桝から水が溢れたりしている場合は、破損の程度が重度である可能性が高いです。

管内にサビや腐食が発生している場合、鋼管を使用していることが多いです。

また、冬の寒い時期に高温の排水を流すと、温度変化によって強度の低い部分が金属疲労を起こし、亀裂や破損の原因になります。このようなトラブルはすぐに業者に依頼した方が良いです。

戸建てや一軒家における排水管の更新工事の目安

排水口の流れが悪い、排水管からゴボゴボという音がする、トイレの水が流れにくいなどのトラブルは、排水口や配管が原因となっている可能性があります。

自分で対応できるケースもあれば、業者に依頼することが必要なケースもあります。

排水口から悪臭がする場合、排水トラップの汚れや破損が考えられるので、まず業務用パイプクリーナーで洗浄してみて、それで改善しないときは業者に依頼してください。

排水管からゴボゴボと音がする場合、ゴミや野菜クズが詰まっている可能性があるので、排水トラップを洗浄します。

それで改善しないときは配管内部のトラブルが考えられるので、業者に依頼しましょう。

排水口から水が逆流してくる場合、排水口か配管内部の詰まりが考えられます。

生ごみなどが排水口に詰まっているときは、清掃すれば改善しますが、それで改善しないときは配管内部の詰まりが考えられます。

敷地内の地面がへこんでいるときは、地中に埋設した配管のどこかが破断している可能性があります。

排水管から汚水が漏れ出し、周りの土が流されて、地面がへこんでしまいます。この場合は配管ごと取り換える更新工事、または配管を補強する更生工事を行います。

蛆虫やネズミが発生しているときは、地中に埋設した配管の合流部が破断、損傷している可能性があり、そこに蛆虫やネズミが侵入して繁殖しています。

合流部である会所を確認し、駆除をしてから更新工事か更生工事を行うことになります。

戸建て、一軒家の排水トラブルの多くは地中に埋設した配管に原因があり、原因が分からないまま、排水トラブルに悩まされている方が少なくありません。

築10年以上の住宅は配管構造が古く、不具合が生じやすいので、配管状態を診断してもらうことをおすすめします。

排水管を長持ちさせるためのコツとメンテナンス

建物の配管でもっともダメージを受けやすいのが、台所、キッチンの水回りの排水管です。

直接、油や生ごみ、熱湯などを流すことが多い場所であるため、雑菌が繁殖し始め、詰まりや漏水が起きる原因となります。

油類は配管内に付着すると、管内のスペースが狭くなり、詰まりを引き起こします。また、雑菌が繁殖する温床となり、詰まりや漏水の原因となります。

熱湯をそのまま流すと配管が熱で傷んだり、変形したりしてしまうことがあります。熱湯を流すときは、水と一緒に流すようにして温度を下げる工夫が必要です。

洗剤も薬品になるので、配管の傷みや変形を引き起こすことがあります。

中性洗剤以外の食器用洗剤は流さないようにするか、水と一緒に流して薄めると良いです。

少しでも配管のダメージを減らすために、傷みの原因となる油や生ごみ、熱湯、洗剤などをなるべく流さないように心がけることが大切です。

配管は一度、詰まりや漏水などのトラブルが出始めると、劣化の進行が早くなります。

一時しのぎの修繕をしても、再発を繰り返してさらに劣化が進むことになります。

そのため、更生工事や更新工事のときに大規模な修繕が必要になり、施工期間も工事費用もかかるという事態になります。

定期的にメンテナンスを行い、早めに更生工事や更新工事を行うことで、施工期間を短縮し、工事費用を抑えることができます。築10年以上の建物で一度も点検していない場合は、業者に診断を依頼しておくと安心です。

有限会社スドウ工営のSDGs 宣言

社会から信頼される企業であり続けるために、私たちのインフラソリューションで特に貢献できるSDGsの目標10つを特定し、事業を通じてそれらの目標を達成に向けて推進します。

To keep being trusted by society, our company picked up the 10 goals of SDGs that we can contribute specifically with our infrastructure solutions. We will work to achieve those goals through our business.

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択され「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの全世界の目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

スドウ工営のSDGsの取り組みについて

弊社として、以下の10つの目標達成に向けて取り組んでおります。

GOAL5 : ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

GOAL6 : すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

GOAL7 : すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

GOAL8 : すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する

GOAL9: レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る

GOAL11 : 都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

GOAL12 : 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

GOAL14 : 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

GOAL15 : 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

GOAL17 : 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

上記の10つのゴールに積極的に取り組みます。人間らしい生活ができるよう生命の危機を感じることのない最低限必要な環境を整えることはその他7つのGOALにも直結する重要なミッションであります。

SDGsをビジネスにつなげる

SDGsの取り組みはボランティアでは継続ができません。持続可能な開発目標である上で、日本人がもっている「世のため人のためが自分のため」といった普遍的な価値観を形にし、皆が皆幸せに、WIN WINとなれる仕組みがあってこそ持続可能な社会の実現と企業の持続的発展が両立できることになると考えます。

【工事担当者】 当工事は、葉山町上山口の単独浄化槽から合併浄化槽へ切替工事になります。 弊社は浄化槽メーカーである株式会社クボタから年間を通して1事業者で1番浄化槽を仕入れたと評価されました。弊社では年間100基近くクボタ浄化槽を仕入れ施工している経緯より評価されたものであります。 弊社は申請から造成インフラ工事まで一式自社施工のため、スピードが他社と異なります。 弊社は神奈川県全域・東京都・静岡県と広域にわたり上下水道の許可を得ておりますので、広域で施工が可能です。 弊社では上水道の引き込み工事を最短行うことができます。全てが自社施工ということからスピード感があり安価に仕上げることができるのです。 自社の建設機械と自社施工なので、品質管理はもちろん、安全性や経済性にも考慮して最善を尽くして全ての現場に望んでおります。 そのため、今回も自社のバックホウと自社のダンプトラックにて掘削及び運搬そして配管工事に使う穿孔機も全て弊社の自社持ち物となっております。 早い!安い!給水管引き込み工事をお求めのお客様は有限会社スドウ工営へ! 給水工事・水道工事・舗装工事・土木工事は是非スドウ工営にお問い合わせください!

有限会社スドウ工営 https://sudou-kouei.co.jp/

有限会社スドウ工営(外構エクステリア) http://sk-garden.jp/

有限会社不動産事業部 http://sudoukouei-realestate.com/

有限会社スドウ工営(解体工事) https://www.sudo-koei.com/

有限会社スドウ工営(浄化槽工事) https://www.joukasou-tatsujin.com/

Lismica(リフォーム) https://lismica.jp/

キレっとリフォーム(リフォーム) https://kiretto-reform.com/

【Tポイント】

有限会社スドウ工営では、工事の支払いに関する支払いに準じてTポイントが貯まります!また弊社の支払いでTポイントを使用することもできます!

通常時は、200円=1ポイント! キャンペーン中は、100円=1ポイント!

【クレジットカード決済】

有限会社スドウ工営では、工事金額の支払いがクレジットカード決済することが可能です!

指定ブランドのカードをお持ちの方は、是非キャッシュレス決済をご利用ください。

【指定工事店及び指定水道業者】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●東京都

東京都全域

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など

【排水設備指定工事店】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など


【取り扱いメーカー】

リンナイ・TOTO・ノーリツ・タカラ・リクシル・ハーマンなど

申請から設計、施工まで大小問わず、どんな工事でも承ります。

ご相談・お見積りはご気軽にどうぞ。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方で【Tポイントカード】をお持ちの方にTポイント還元をさせていただいております。Tポイントが、貯まる!使える!リフォーム工事店です。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方でクレジットカード決済をご希望の方は、クレジットカード決済をすることができます。増税後のキャッシュバックにも対応しております。

弊社は1から10まで一括して自社施工!

経験豊富かつ有資格者のスタッフが多数!

自社機械も多く備えている為、無駄な外注費がゼロ!

コスト抑制は弊社にお任せください。

パッキン交換から大型リフォームまで、お住まいづくりに関するご質問・ご不明点・打合せなど

些細な事でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

また、弊社HPにも施工事例を多数掲載しておりますので、

イメージ作りにお役立ていただければ幸いです。

【公式ホームページ】https://sudou-kouei.co.jp/

////////////////////////////////

Tel 0465-39-2021

fax 0465-39-2025

////////////////////////////////

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示