検索
  • 現場代理人|浄化槽の達人

合併浄化槽切替工事

【工事場所】 葉山町 上山口

【工事期間】 2021.08.18-2021.08.19

【工事内容】 浄化槽工事,合併浄化槽工事,単独浄化槽工事,浄化槽設置工事,浄化槽撤去処分工事,排水設備,配管工事

【SDGs達成】 No.11・No.14・No.15・No.17

 

合併浄化槽切替工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事

合併浄化槽切替工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事

合併浄化槽切替工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事

合併浄化槽切替工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事


 

外壁工事の種類と費用

建物の壁の黒ずみやはがれ、ひび割れなどを修繕し、耐久性を高めるための外壁工事。雨や紫外線などにより、日々ダメージを受けている建物を長く利用するために必要不可欠な工事です。

今回の記事では、外壁工事の流れや目的、必要な資格について解説します。

外壁工事とは?

外壁工事とは、建物の屋外側の壁に関する工事のことを指します。

建物の壁には塗装がなされており、時間が経過するにつれて、雨水や紫外線などの影響を受けて劣化していきます。

外壁の劣化は見た目の印象が悪いだけでなく、耐久性も低下します。

外壁の劣化は建物本体の劣化につながり、ひいては居住性が悪化することにもなりかねません。

こういった状態を防ぎ、改善するためにも、外壁工事は約10年に1度のスパンで実施することが望まれます。

外壁工事の目的

・耐久性の向上

外壁の塗料は美観のためだけではなく、耐久性向上にも役立ちます。

塗料は種類によって耐久性が異なり、耐久性が高いものからフッ素系塗料、シリコン塗料、ウレタン塗料、アクリル塗料という順になります。

現在、広く普及しているのは、コストパフォーマンスに優れたフッ素系塗料で、雨や風、紫外線の影響から外壁を守るために用いられています。

・防水性・透湿性の向上

外壁の塗膜は、建物を一枚の膜で覆うこととも言い換えられます。

水分や湿気に弱い外壁でも防水性を高めることができ、雨漏りを防いで長持ちする建物へと強化することができるのです。

水分を遮断して湿気は通す性質の塗料を用いると、透湿性が高まり結露を防ぐ効果も期待できます。

・断熱・遮熱効果

断熱効果の高い塗料を用いることで、冬は暖かく夏は涼しいといった快適な空間を作ることができます。

遮熱効果のある塗料と組み合わせれば、紫外線の影響を抑えて劣化を防げるだけでなく、室内の温度変化を軽減することもできます。

外壁工事の工法

外壁工事は主に、「塗装工事」「カバー工法」「張り(取り)替え工事」の3種類に分けられます。

・塗装工事

塗装工事とは、既存の外壁の上から新たな塗料を塗る工事のことで、その一番の目的は防水です。

雨水や紫外線などの外的刺激で、塗装の防水性や耐久性は日々劣化していきます。

この状態が長く続くと、雨漏りやひび割れなどに発展してしまうリスクがあるのです。

建物の美観を向上し、耐久性を維持するためにも塗装工事によるメンテナンスは欠かせないものといえるでしょう。

・カバー工法

カバー工法とは、既存の外壁を撤去せずに新たな外壁を貼りつける工事のことです。

カバー工法では一般的に金属系のサイディングボードを用います。

建物内の雨漏りが進行していない場合に行うことが多く、既存の外壁を撤去しないため、費用は比較的安価に設定されています。

・張り(取り)替え工事

張り(取り)替え工事とは、既存の外壁を撤去して新たな外壁を張りつける工事のことです。

外壁の塗料がはがれ、そこから雨水が浸入することで外壁が劣化して雨漏りなどが発生した場合、

塗装工事だけでは修繕することができず、外壁そのものを取り替える工事が必要になります。

一般的な張り(取り)替え工事がサイディングボードの張り替えです。

サイディングボードとは、工場であらかじめ成形された外壁板のことで、外装材として広く普及しています。

セメント質と繊維質を混ぜ合わせた「窯業系サイディング」は、サイディングボードの内部の湿気によりひび割れが起きやすい傾向があります。

そのため、ひび割れを起こしている既存のサイディングボードを取り外し、新しい物にします。

さらに、サイディングボードの隙間を埋めるためのコーキングも、経年劣化によってひび割れが生じます。

コーキングのひび割れは雨漏りにつながるため、張り(取り)替え工事の際に見落とさず修繕する必要があるでしょう。

また、張り(取り)替え工事では、セメントで作られたモルタル外壁をサイディング外壁に変更したりタイル張りにしたりと、見た目を大きく変えることができるため、リフォーム感覚で行われることもあります。

外壁工事の流れ

1 足場組み

塗装工事を行う場合、まずは塗装するための準備から着手する必要があります。

そのため、塗装工事の1日目は、足場組みに費やすことになります。足場の組み方が不十分であると大きな事故につながってしまう可能性があるため、注意しながら作業していきます。

2 清掃・養生

新たな塗料のために、下準備を行います。

まず、外壁の汚れた塗料やカビ、コケなどを高圧洗浄機で清掃します。清掃を怠ると塗料のノリが悪くなり、劣化の速度が速まります。

次に、塗料がついてはいけない箇所に、ビニールなどを覆って養生します。

養生は工事のエリア内だけでなく、近隣についても目を配り、対応する必要があります。覆い漏れがないか、しっかり確認してから塗装に入りましょう。

最後に、外壁のひび割れ部分やコーキングの切れ目を補修したら、塗装工事の下準備は終了です。これらの作業は、1~2日かけて行うことになります。

3 下塗り・中塗り・上塗り

塗装は一度塗って終わりという作業ではありません。下塗り、中塗り、上塗りという3工程が必要となります。

・下塗り

塗料のノリを良くするために行う作業になります。塗料は下塗り専用のものを使用し、既存の塗料や下地の劣化状況によって決定されますが、上塗りの発色をよくするため、上塗りと異なる色を用います。

・中塗り

中塗りの目的は塗料のムラをなくし、発色を均一にすることです。中塗りをしっかりと行うことで、経年劣化により上塗りの塗料がはがれた際にもムラが出にくくなります。塗料は上塗りと同じものを使用します。

・上塗り

中塗りの塗料がある程度乾燥した後の最終工程です。上塗りで塗装した塗料が建物の壁の色となるため、塗りムラなく美しく仕上げる必要があります。

下塗り、中塗り、上塗りは、その範囲にもよりますが、乾燥期間も含めて4日程度かかるのが一般的です。

4 仕上げ

仕上げでは、雨どいや雨戸、戸袋などの細かな部分の塗装を行います。施主に塗装をチェックしてもらい、必要があれば修正を施します。問題がなければ足場を撤去し、現場を清掃して完了です。

仕上げの工程を含めると、塗装工事は約12日間かかります。

外壁工事に必要な許可と資格

・塗装工事業許可

外壁工事を請け負う事業者は、「塗装工事業」の許可の取得が必要になります。国土交通大臣が認可している各都道府県の行政機関に申請し、そこで許可されると、塗装工事、溶射工事、鋼構造物塗装工事といった塗装に関連する工事を行うことができます。塗装工事業の許可は、10年以上の塗装業実績かつ、5年ごとに更新が必要になるため、優良業者であることの証明にもなります。

・塗装技能士

塗装技術を保証する資格である「塗装技能士」は、原則、3級、2級、1級、特級に分かれています。1級、特級は国家資格となり、受験には7年以上の実務経験が必要です。さらに、特級も存在し、1級合格後からさらに5年以上の実務経験が求められるなど、受験資格のハードルも高くなっています。

塗装そのものは、資格を保有していなくてもできる作業ですが、優良な技術者であることを証明できるため、お客様からの信頼を獲得することが可能になります。

・足場の組立て等作業主任者

外壁工事に必要不可欠な足場組みは、足場の組立て等作業主任者という資格保有者がいる現場でなければ行うことができません。足場の組立て等作業主任者技能講習を修了することで、資格を取得することができます。外壁工事を行う際は、労働安全衛生法の定めにより、必ずこの資格保有者を現場に配置しなくてはなりません。

単に塗料を塗るだけというイメージを持たれがちな外壁工事ですが、実際には多くの工程があり、工期もそれなりにかかります。外壁工事を行うことは、建物の耐久性が向上し、室温や湿度を保つことができるため、居住空間の快適さを改善・維持することにつながります。


家庭用の井戸ポンプの基礎知識

災害の多い日本では、いつどこで断水するかわかりません。そのような時、家庭用の井戸があると非常に助かります。

その井戸の水をくみあげるには、ポンプが必要です。

家庭用井戸ポンプは、井戸の深さや、手動か?電動か?などによってポンプの種類も変わっていきます。

今回の記事では、家庭用井戸に必要なポンプの基礎知識と仕組みや特徴について紹介していきます。

井戸ポンプとは

井戸ポンプとは、井戸水を汲み上げるために必要となるものです。

昔ながらの「手動ポンプ」と、楽に汲み上げることができる「電動ポンプ」があります。

ポンプのタイプも井戸の深さによって異なり、大きく分けて「浅井戸」と「深井戸」で異なります。

さらに、深井戸ポンプにはジェット式と水中式とがあり、汲み上げる仕組みが違います。

家庭用井戸ポンプの仕組み

井戸ポンプは、シリンダ内のピストンが往復し、圧力をかけて井戸水を押し上げます。

この原理を分かりやすく説明すると、ストローと同じ原理です。

ストローの場合、口で吸いこむことによって、ストロー内の空気が抜かれて真空になります。

すると、飲んでいる液体表面にかかる大気圧のはたらきによって、液体は吸い上げられます。

次に、「水を吐き出す原理」です。井戸ポンプは、吸い上げた液体を吐き出す(押し出す)ために、バルブでコントロールされています。

水鉄砲と同じ構造だと想像してください。

その仕組みは、ピストンが上に上がる時に井戸側のバルブが開き、ピストン側のバルブが閉じます。

すると、先ほどのストローの原理によって、水がシリンダ内に吸い上げられます。この時にピストンよりも上にある水がポンプの外に押し出されるのです。

ピストンが下がる時には、井戸側のバルブが閉じ、ピストン側のバルブが開きます。そして、ポンプの外に押し出す力をためていきます。

この一連の動作を繰り返して、水を汲み上げるのです。これが、井戸ポンプの仕組みです。

家庭用井戸ポンプを設置するメリット

・水道代が節約できる

・年中通して、適温

・非常時(断水時)でも水が使える

水道代が節約できるというのは、最大のメリットでしょう。

下水道代がかかることもありますが、それを差し引いても上水道代は節約でき、大幅な水道代の節約が期待できます。

また井戸水は地上の温度に左右されない「地下水」のため、年中一定の温度で使用できるのも魅力の一つです。

災害時や渇水時などの断水・取水制限の時に水が使えるというのも、大きなメリットです。

過去の災害を経験された方が、防災・減災の観点から、家庭用の井戸を設置したという話もよく聞きます。

家庭用井戸ポンプを設置するデメリット

・井戸の設置工事費がかかる

・電動式ポンプは、停電時には使えない

・定期的に水質検査が必要

井戸のデメリットは、掘削工事費等の設置工事費がかかることが一番目立ちます。

仕方のないことではありますが、後のメンテナンス費用も含めて業者に見積もってもらい、必要かどうかを検討しましょう。

また、電動式ポンプは停電時には使えないので注意しましょう。

手動式のポンプならば停電時でも使えるので、非常時をメインに考えるならあえて「手動式を選ぶ」というのもいいでしょう。

最後にデメリット3の「定期的に水質検査が必要」とありますが、この結果によって用途が制限されてしまうことがあります。

飲用できるか?洗濯に使えるか?風呂に使えるか?等、水質によっては思うように使えないこともあります。

井戸ポンプで汲み上げる地下水の仕組み

井戸水とは、言い換えれば「地下水」のことを指します。

地下水は、土砂や岩石、粘土などから構成される「地層」にしみ込んだ雨水が、粘土や岩盤などの水を通さない層のところで溜まってできます。

その水が溜まっている層を「帯水層」と呼びます。

地表に近い部分にある地下水を「不圧地下水」と言います。

不圧地下水は常に、雨や河川から水が補給されているのです。ただし、汚染はしやすいという点は否めません。

そして、不圧地下水よりもさらに奥深くにある地下水を「被圧地下水」と言い、太古の昔にできた帯水層です。

そのため、水質が非常によくてミネラル分を多く含みます。深層にあるので、汚染はしにくいと言えます。

井戸ポンプで汲み上げた地下水の使い道

井戸水の使い道は、水質にもよりますが、豊富にあります。

・生活用水(飲用、洗濯、風呂など)

・農業用水(水耕栽培、散水など)

・営業用水(工場、洗車場、理美容室など)

・非常用水(災害時の生活用水や、飲料水など)

生活用水に使う場合は、水質が良くないと使えないこともあります。

農業用水や営業用水の場合、用途による場合もありますが、幅広く使えます。

水を大量に使用することが多い、農場や工場などでは必需品と言っても過言ではないでしょう。

家庭用井戸ポンプの選び方

家庭用井戸ポンプには、手動・電動とあります。また、ご自分の井戸が、浅井戸か?深井戸か?でポンプのタイプも異なります。

選ぶ際のポイントや、特徴を詳しく解説していきます。

・「手押しポンプ」か「電動ポンプ」かで選ぶ

家庭用の井戸ポンプを選ぶ際、手動式にするか電動式にするかが、大きなポイントです。

生活用水として毎日利用するのならば、手間のかからない電動がおすすめです。

しかし、災害等の停電時には使えません。そのような時でも利用するためには、手動式のポンプということになります。

現在の手動ポンプは、となりのトトロのような全力で押さなければならないポンプではなく、女性や子供でも楽に水が汲める、小型で軽量な商品もあります。

・「浅井戸」か「深井戸」かで選ぶ

「浅井戸」とは、一般的に8メートル以内の井戸のことを指します。これは、手動ポンプが対応できる深さと言えるのです。

これ以上の深層にある地下水を対象にした井戸は「深井戸」と区分されています。手動ポンプでは対応できません。

浅井戸は、周辺の環境などの影響を受けやすく、汚染しやすいため飲用には不向きです。

飲用としても使用したい場合は、安全な深層水の深井戸がいいので、対応できる電動ポンプを選びましょう。


コンクリートが固まる原理

コンクリートは粘土のように乾燥によって硬化するわけではありません。

コンクリートの元になるセメントは水と混合されることで『水和』という反応を起こし、化学的に結合を強めて硬化します。

この接着剤の役割を持つ水を含んだセメントに、砂や砂利といった骨材を混合して固めたものがコンクリートになります。

そのためコンクリートが十分に硬化する前に乾燥してしまうと、水和がうまくいかずにひび割れや崩壊の原因になり得ます。

コンクリートの硬化時間中は、水分を確保するために保湿を行ったり、散水して水分をセメントに与えたりといった作業が行われることもあります。

硬化速度には温度も関わるため、コンクリートの施工現場では常に温度と湿度が管理されています。

これらの調節作業を『養生』と呼び、コンクリートの硬化待ちの期間は養生期間と呼ばれています。

乾く前の雨はどう影響する?

コンクリートは水分がないと硬化しませんが、水分が多すぎても硬度に影響が出たり、うまく固まらなかったりします。

そのため雨が硬化前のコンクリート表面に衝突すると、セメントが雨水で洗い流されてしまうことがあるため、できる限り雨には打たれないようにする必要があります。

多くの工事現場では、養生期間中の降雨に対応するために防雨シートを用意しています。

強いコンクリートを作るために必要なこと

コンクリートの硬度はセメントと水の配合比率によって決定されます。

実際にはそこに骨材の比率も加味されることになり、養生したコンクリートが強靭な硬度を得るためには、セメント・骨材・水が最適なバランスで混合されていることが何よりも重要になります。

また、適切な養生を行うことも大切です。シートで覆って湿度を保ち、寒冷地などではヒーターを使用してコンクリートを温めて硬化を進めることもあります。

コンクリートの強度を高めるには内部に隙間がなく粒子がしっかりと詰まっている必要もあり、セメントの練り方一つとっても仕上がりは大きく変わります。

強いコンクリートを作るには緻密な比率の計算と、繊細な練りの技術が必須と言えます。

コンクリートの硬化時間に影響するもの

コンクリートの硬化時間は含有する水分量のほか、練られたコンクリート自体の温度にも大きく影響を受けます。

原則として、コンクリートの温度が高ければ早く、低ければ遅く硬化すると言われています。

求められる強度次第ではゆっくりと硬化させた方が都合が良い場合もあり、施工される場所や環境、用途によって厳重に温度を管理されます。

コンクリートのひび割れや塩害を防ぐためには

コンクリートは硬化時間を経て建材として完成した後も、湿度や温度によって膨張・収縮します。

硬質なコンクリートは柔軟性がないため、膨張や収縮によってひび割れや亀裂が発生してしまうことがあります。

ひび割れを防ぐために用いられる手法としては、タイルのようにコンクリートの施工面を区分けして『目地』をつくり、その隙間で膨張や収縮で起きる体積の変化を吸収する方法があります。

また、コンクリート建築は重量を支えるために内部に鉄筋を仕込む場合が多いですが、沿岸地帯などでは空気に含まれる塩分で鉄筋が錆び付いてしまう場合があります。

これは一般に言う『塩害』の一種で、防止するためには鉄筋が外気に触れないように施工する必要があります。

コンクリートの表面に残った塩が雨水で溶け、コンクリートの内部に浸透して鉄筋を錆び付かせる場合もあるため、沿岸部では特に定期的にコンクリート舗装の表面を洗うようにしましょう。同様に豪雪地帯で使用される融雪剤にも塩分が含まれるため、長期間舗装面に融雪剤が残らないように気を付けてください。

ひび割れなど劣化したコンクリートの補修について

雨風に晒され続ける都合上、どうしてもコンクリートの風化や劣化は避けることのできないものです。

ひびや欠け、表面の剥離などの劣化を発見したら、早めに補修を行いましょう。

補修は専門業者に依頼するほか、市販のリペアキットを使用してもある程度軽微な劣化であれば直すことができます。劣化したコンクリートの破損を埋めるようにセメントペーストやパテを塗り込むものが一般的ですが、これもコンクリートなので硬化時間があることには注意が必要です。

コンクリートの補修作業には技術が必要なものも多いため、補修後の品質や仕上がりの美しさを考慮するのであれば、経験豊富なプロに任せることもぜひご検討ください。

有限会社スドウ工営のSDGs 宣言

社会から信頼される企業であり続けるために、私たちのインフラソリューションで特に貢献できるSDGsの目標10つを特定し、事業を通じてそれらの目標を達成に向けて推進します。

To keep being trusted by society, our company picked up the 10 goals of SDGs that we can contribute specifically with our infrastructure solutions. We will work to achieve those goals through our business.

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択され「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの全世界の目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

スドウ工営のSDGsの取り組みについて

弊社として、以下の10つの目標達成に向けて取り組んでおります。

GOAL5 : ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

GOAL6 : すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

GOAL7 : すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

GOAL8 : すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する

GOAL9: レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る

GOAL11 : 都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

GOAL12 : 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

GOAL14 : 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

GOAL15 : 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

GOAL17 : 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

上記の10つのゴールに積極的に取り組みます。人間らしい生活ができるよう生命の危機を感じることのない最低限必要な環境を整えることはその他7つのGOALにも直結する重要なミッションであります。

SDGsをビジネスにつなげる

SDGsの取り組みはボランティアでは継続ができません。持続可能な開発目標である上で、日本人がもっている「世のため人のためが自分のため」といった普遍的な価値観を形にし、皆が皆幸せに、WIN WINとなれる仕組みがあってこそ持続可能な社会の実現と企業の持続的発展が両立できることになると考えます。

【工事担当者】 当工事は、葉山町上山口の合併浄化槽切替工事になります。 弊社は浄化槽メーカーである株式会社クボタから年間を通して1事業者で1番浄化槽を仕入れたと評価されました。弊社では年間100基近くクボタ浄化槽を仕入れ施工している経緯より評価されたものであります。 弊社は申請から造成インフラ工事まで一式自社施工のため、スピードが他社と異なります。 弊社は神奈川県全域・東京都・静岡県と広域にわたり上下水道の許可を得ておりますので、広域で施工が可能です。 弊社では合併浄化槽切替工事を最短行うことができます。全てが自社施工ということからスピード感があり安価に仕上げることができるのです。 自社の建設機械と自社施工なので、品質管理はもちろん、安全性や経済性にも考慮して最善を尽くして全ての現場に望んでおります。 そのため、今回も自社のバックホウと自社のダンプトラックにて掘削及び運搬そして配管工事に使う穿孔機も全て弊社の自社持ち物となっております。 早い!安い!合併浄化槽切替工事をお求めのお客様は有限会社スドウ工営へ! 給水工事・水道工事・舗装工事・土木工事は是非スドウ工営にお問い合わせください!

有限会社スドウ工営 https://sudou-kouei.co.jp/

有限会社スドウ工営(外構エクステリア) http://sk-garden.jp/

有限会社不動産事業部 http://sudoukouei-realestate.com/

有限会社スドウ工営(解体工事) https://www.sudo-koei.com/

有限会社スドウ工営(浄化槽工事) https://www.joukasou-tatsujin.com/

Lismica(リフォーム) https://lismica.jp/

キレっとリフォーム(リフォーム) https://kiretto-reform.com/

【Tポイント】

有限会社スドウ工営では、工事の支払いに関する支払いに準じてTポイントが貯まります!また弊社の支払いでTポイントを使用することもできます!

通常時は、200円=1ポイント! キャンペーン中は、100円=1ポイント!

【クレジットカード決済】

有限会社スドウ工営では、工事金額の支払いがクレジットカード決済することが可能です!

指定ブランドのカードをお持ちの方は、是非キャッシュレス決済をご利用ください。

【指定工事店及び指定水道業者】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●東京都

東京都全域

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など

【排水設備指定工事店】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など


【取り扱いメーカー】

リンナイ・TOTO・ノーリツ・タカラ・リクシル・ハーマンなど

申請から設計、施工まで大小問わず、どんな工事でも承ります。

ご相談・お見積りはご気軽にどうぞ。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方で【Tポイントカード】をお持ちの方にTポイント還元をさせていただいております。Tポイントが、貯まる!使える!リフォーム工事店です。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方でクレジットカード決済をご希望の方は、クレジットカード決済をすることができます。増税後のキャッシュバックにも対応しております。

弊社は1から10まで一括して自社施工!

経験豊富かつ有資格者のスタッフが多数!

自社機械も多く備えている為、無駄な外注費がゼロ!

コスト抑制は弊社にお任せください。

パッキン交換から大型リフォームまで、お住まいづくりに関するご質問・ご不明点・打合せなど

些細な事でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

また、弊社HPにも施工事例を多数掲載しておりますので、

イメージ作りにお役立ていただければ幸いです。

【公式ホームページ】https://sudou-kouei.co.jp/

////////////////////////////////

Tel 0465-39-2021

fax 0465-39-2025

////////////////////////////////

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示