検索
  • 現場代理人|浄化槽の達人

合併浄化槽切替工事

【工事場所】 小田原市 曽比

【工事期間】 2021.08.24-2021.08.24

【工事内容】 浄化槽工事,合併浄化槽工事,単独浄化槽工事,浄化槽設置工事,浄化槽撤去処分工事,排水設備,配管工事

【SDGs達成】 No.11・No.14・No.15・No.17

 

合併浄化槽切替工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事

合併浄化槽切替工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事

合併浄化槽切替工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事

合併浄化槽切替工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事


 

解体工事の手順と資格について

建設された建物を壊していく「解体工事」には、一部だけを解体したり全てを一度取り壊したり、様々な種類があります。

また、それぞれの解体工事によって流れや届け出についても種類があります。

今回の記事では、解体工事の種類や工事の流れ、解体にかかわる資格ついて紹介します。

解体工事とは

建物を取り壊してその敷地内を更地に戻すことや、内装のみを変えるために部屋の内部をスケルトンにすることを解体工事といいます。

古くなった家屋を解体したり、オフィスや店舗などを取り壊したりと規模は様々です。

解体工事を行う場合、建物の種類(木造やRC造)や重機の搬入の可否によって工法が異なります。

また、建物の躯体だけでなく窓やドア、屋根の部分なども解体し、塀や木があれば全て撤去しなければなりません。

そうした解体工事を請け負えるのは建設業許可や解体工事業登録をした事業者となります。

一連の解体工事には適切な事業者と施工計画も必要です。

解体工事の流れ

解体工事の主な流れは以下のようになります。

調査

施工計画の作成

解体準備

内装の撤去

建物の解体

整地(片付け)

・調査

解体工事の事前調査として建物や周りの地形について調べ、アスベスト含有建材等の確認を行います。

・施工計画書の作成

調査に基づく情報を元に施工計画では解体工事を進める際の重機の搬入方法や足場の組み立て位置を図面化します。

・解体準備

施工計画図にそって足場の組み立てや養生の設置をして作業開始時には重機や器具の点検をしっかり行い、解体工事がスムーズに進むよう準備を整えます。

また、通行人や周辺住民の迷惑にならないよう努め、内装の撤去から解体工事を始めます。

・内装の撤去、建物の解体

その後、建物の外壁や屋根などの解体し、地面に埋まっている基礎コンクリートも撤去します。

・整地(片付け)

最後に敷地内の片付けやキャタピラーなどの重機で整地をして解体工事は終了です。

解体工事の種類・工法について

解体工事において木造の建物よりもコンクリート造の建物の方が時間と費用がかかり、解体の工法も異なります。

・木造

木造の建物は古くからの一軒家に多く該当し、木で構成されています。

そうした木造の建造物の解体では、最初に各部屋の内装を解体します。

その後、建物全体を取り壊すため重機を用いて木造部分や地中に埋まっているコンクリートの基礎を解体します。

解体後は燃えるものと燃えないものを分別し、撤去後の除去まで行います。

また、建物本体の取り壊しの他、敷地内にブロック塀などがあれば付帯工事として取り壊しも行います。

重機の搬入が困難な場合、「手壊し工法」による解体をします。

この工法は道路の幅が狭くて搬入できない、周りの住民に配慮して騒音や振動を抑えたい際にも採用されます。

また、重機と手壊しを併用して解体する「重機併用工法」もあり、リサイクルのための資材の選別をしながら効率よく解体する場合に採用されます。

・コンクリート造(RC造)

木造より頑丈な建物全体がコンクリートで構成されたコンクリート造(RC造)の建物は解体もしづらくなります。

そのため重機で屋上から下の階へ解体する「階上解体」、地上から重機で解体を進める「地上解体」などを行います。

他にも、専門の機器による「圧砕機工法」や「大型ブレーカー工法」、階ごとにそれぞれ解体していく「ブロック解体」、「だるま落とし式解体」、「上部閉鎖式解体」、建物を敷地側に崩していく「転倒工法」といった解体工法があります。

・鉄骨造(S造)

建物の柱や梁といった主要な構造が鉄骨になっている鉄骨造(S造)は、壁や床には木またはコンクリートを使用します。

そのため、鉄骨と木を使用している建物は内装の撤去を手壊し工法で行い、屋根や外壁を重機で解体します。

コンクリートも使用されている建物は重機を中心に解体をします。

その際に「鉄骨切断カッター工法」や「ガス切断工法」により、鉄骨部分を運びやすくするのが鉄骨造の解体工事の特徴です。

必要な資格

解体工事には会社として必要な行政機関の許可や登録があります。また、作業員にも工事を進めるにあたり必要な資格がそれぞれあるのです。

・会社として必要な資格

解体工事の規模により「建設業許可(土木工事業、建築工事業、とびなど)」、「解体工事業登録」の一方が必要です。

また産業廃棄物の処理を頼む際には「産業廃棄物収集運搬業の許可」が必要ですが、自社で処分する場合は不要です。

工事代金が税込みで500万円未満の解体工事では解体工事事業登録があれば可能であり、500万円以上の解体工事では都道府県ごとの建設業許可が必要です。

・作業員が必要な資格

解体工事の作業時には主任技術者、監理技術者の資格を持つ作業員が必要です。

元請工事における下請合計金額が3000万円未満なら主任技術者か監理技術者が必要で、3000万円以上なら監理技術者が必要です。

解体工事施工技士」であれば主任技術者を務めることができます。

コンクリート造の建物で高さが5メートル以上ある場合は「コンクリート造の工作物の解体作業主任者」が必要です。

それ以外にも建物や現場によって必須となる資格取得者の要件もあります。

また、解体工事で使うクレーン車や玉掛といった重機の運転に専用の免許を持った作業員が必要です。

各種届出について

建物の解体工事において必須となる届け出や申請から、必要に応じて申請すべき届け出がたくさんあります。

ここではその一部を紹介いたします。

・建築物除去届

建物の解体時に都道府県知事に提出する届け出です。国内における家屋や建物の数の把握に必要です。

・建物滅失登記の申請

法務局は建物の存在について把握する必要があるため、建物滅失登記は建物の解体後1ヶ月以内に申請しなければいけません。

・建設リサイクル法に関する届出

正式名称は「建設工事に係る資源の再資源化等に関する法律」といい、延べ床面積が80平米以上の建物に置いて必要な届け出です。

・ライフラインの停止

電気、ガスといったライフラインの停止に関する届け出も解体工事に必要です。水道は解体工事時の散水をするため必要になります。

・道路の使用許可申請

解体工事において道路を使用する場合に必要な申請です。安全な通行の妨げにならないように工事を進めなければなりません。

・アスベスト除去の届出

アスベストが含まれる建物の解体時に必要な届け出です。

建設リサイクル法

建設リサイクル法はコンクリートや木材といった特定の建設資材が使用され、延べ床面積が80平米以上の建物の解体工事に適用される法律です。

工事着手の7日前までに都道府県知事へ届け出が義務付けられています。

建設リサイクル法は、ミンチ解体が問題になったことで徹底されるようになりました。

コンクリートや他の資材を分別せず、処分をひとかたまりに行うのがミンチ解体です。

環境に悪いことから建設リサイクル法により廃棄物の種類を分けて処分を徹底するよう義務付けられています。

違反者は1年以下の懲役や50万円以下の罰金が科せられます。

付帯工事について

建物の解体の他、敷地内に解体する建造物などがある場合は解体工事の付帯工事に含まれます。

例えばブロック塀や樹木、門扉や物置といった庭に置かれている残置物がその対象となります。

また、オフィスビルや商業施設においては地中に埋まっている基礎コンクリートや杭の撤去や、地盤の強度が不足している際には地盤補強が必要になり、それらも付帯工事に含まれます。

解体工事には建物の構造ごとに工法が異なるだけでなく、建設リサイクル法や付帯工事といった細かな決まりがあります。

また、事業者や作業員に必要な資格があり、安全に考慮した工事を行わなければなりません。

どういった解体工事が適切かの判断や必要な届け出もあることから正しい知識を持つ必要があるのです。


トイレに流すとつまりやすいもの

トイレのつまりはトイレットペーパーの流しすぎと同様に、トイレに流すとつまりやすいものを流したことで生じるケースも珍しくありません。

また、何を流したのかで対処方法が変化する可能性もあります。

今回の記事では、トイレに流すとつまりやすいものの代表例をいくつかご紹介します。

・ティッシュペーパー

ティッシュペーパーを大量に流した結果、トイレがつまってしまったケースをよく見かけます。トイレットペーパーと見た目が似ており、近年は水溶性のティッシュも販売されているため、普通のティッシュペーパーもトイレに流せると勘違いしてしまう方が多いようです。

ティッシュペーパーは、トイレットペーパーと見た目が似ていても、使用されている材料が異なります。そのため、基本的に水には溶けません。鼻水をかむときや汚れを拭くときにティッシュペーパーが適しているのはそのためです。

・お掃除シート

近年は、掃除道具が進化したことで、掃除をした後トイレにそのまま流せる商品も増えています。その代表がお掃除シートです。実際、トイレに流せるタイプのお掃除シートを使用している方も多いでしょう。

ただ、なかにはトイレに流せない従来のタイプのお掃除シートも存在します。水に溶けると勘違いしてトイレに流してしまうと、つまりの原因になってしまうでしょう。

お掃除シートの購入前や使用前には、トイレに流しても大丈夫なものかどうか確認しましょう。

また、トイレットペーパーより水に溶けやすく、トイレに流しても安心な製品は多くありません。トイレに流すことを推奨しているお掃除シートでも、大量に流すとつまることが考えられます。

そのため、とくに頻度高く掃除をするご家庭では、直接流すのはなるべく控えたほうが安心です。

・猫トイレの砂

猫を飼っているご家庭のトイレで起きやすいトラブルが、猫トイレの砂を流してつまらせてしまうケースです。猫トイレの砂は、トイレに流さないようにしましょう。

商品によっては、水分を吸収するタイプの猫トイレの砂もあるようです。後処理を便利にするための作りですが、そのままトイレに流すと便器内の水分を吸って膨張し、つまりの原因につながります。

猫トイレの砂には、鉱物系と植物系を原料にしたタイプに分類できます。

植物系の猫トイレの砂は、基本的に燃えるごみとして処理が可能です。一方、鉱物系のものは住んでいる地域によって燃えるごみ、燃えないごみのどちらとして処理するかが異なります。鉱物系の猫トイレの砂を利用している場合は、役所などの担当部署に連絡して確認するのがおすすめです。

その他水溶性の低いもの

基本的に水溶性の低いものはトイレに流せません。

トイレにつながっている水道管の通り道は決して広くないため、固形物が溶けないまま通過することはできず、つまりの原因となってしまいます。ティッシュペーパーやお掃除シート、猫トイレの砂以外でトイレに流すとつまりやすいものを下記に列挙します。

・スマートフォンやおもちゃ、ボールペンなどの固形物

胸ポケットに入れたままのスマートフォンや、お子さんが遊んでいたおもちゃ、ペットボトルのふたなどを落としてしまった方も多いでしょう。こういった固形物は水に溶けないため、そのまま流すとトイレのつまりにつながります。固形物を落としてしまった場合は、すぐに便器から取り出しましょう。

・吐しゃ物や食品

吐しゃ物やカップラーメンの残り汁などの食品は、脂肪分が多いため水に溶けにくく、排水管に汚れが付着してしまうケースも目立ちます。最初は流れても、徐々に流れづらくなることも考えられるため、トイレには流さないようにしましょう。

・雑誌などの紙類

紙は水に弱いと考えている方も多いですが、トイレットペーパー以外の紙類は耐水性能を備えています。そのため、雑誌などを細かくしてトイレに流してもつまってしまう可能性があります。トイレットペーパー以外の紙類は、トイレに流さないようにしましょう。

・海外製や粗悪なトイレットペーパー

海外製や粗悪なトイレットペーパーのなかには、水に流れにくいものがあります。海外製のトイレットペーパーは、そもそも水に流すことを前提としていないものもあるようです。特定のトイレットペーパーを使用しているときにつまりが発生しやすいのであれば、別のものを使ってみるのが良いかもしれません。

トイレには、基本的にトイレットペーパー以外流してはいけません。トイレットペーパー以外のものを流す場合は、専用のものを選び、大量に流さないよう注意しましょう。


ウォーターハンマー現象とは?

シングルレバーの水栓で水道の水を止めた時や、全自動洗濯機・食器洗い機を使用している時、壁の中から「ドン」「ガン」といった衝撃音や異音が聞こえたことはありませんか?

もし思い当たるなら、それはウォーターハンマーと呼ばれる現象です。

ウォーターハンマーは対策を講じずにいると深刻なトラブルに発展することも。

今回の記事ではウォーターハンマー減少の原因やメカニズム、トラブル事例をご紹介します。

ウォーターハンマー現象のメカニズム

「水撃」とも呼ばれるウォーターハンマー現象には2つの種類があります。

水道の水・湯を急に止めると、流れていた運動エネルギーが行き場を失って水道管内の圧力が急激に上昇し、水道管が振動します。それが水道管の固有振動と共振して衝撃音が発生するのです。

さらに、止水栓の先では水が流れて来なくなることで水道管内の圧力が下がるため、そこに向かって水が勢いよく流れてきます。そうなると、こちらでも水がぶつかる振動や衝撃音が発生します。

この音は水道を止めた場所でだけ発生する異音ではなく、瞬間的に遠方にまで伝わり、水道の使用箇所から離れた場所で異音となることも。

水道を使用している家と道路を隔てた隣家で異音が聞こえることもあります。

ある日突然音が鳴る

以前は水道を止めた時の音が気にならなかったのに、突然ウォーターハンマー現象が気になることもあります。 考えられる原因は3つあります。

・もともと設置してあった水撃防止器が劣化した

・配管更新工事を行い水の流量が増加した

・近隣の住居数が増え、給水水圧が増加した

ウォーターハンマー現象は今後さらに増加する可能性

ハンドルをくるくると回しながら徐々に止水するタイプの水道では、ウォーターハンマー現象による音が起こることはありません。

急激に水を止めるシングルレバーの水栓や、自動で急止水する全自動洗濯機・食器洗い機などの家電利用が増えたことが、ウォーターハンマー現象の発生につながっているのです。

さらに、住宅の高層化や住居密度の増加などにより、近年では水道の給水圧力・給水量が増加しています。ウォーターハンマー現象による水道の音トラブルやウォーターハンマー対策の必要性が、今後さらに増えていくと思われます。

ウォーターハンマー現象が引き起こすトラブル例

・ご近所トラブル

水道管で発生した衝撃音が伝わり、マンションの上下階や隣家で「原因不明の異音や振動」が発生することがあります。

原因不明の異音や振動は不快なだけでなく不安も与えることになり、さらにそれが深夜や寝室で発生すると大きな苦痛を伴うことになります。

騒音問題は近隣トラブルに発展しやすいものなので、早急に対策を取りましょう。

・漏水事故

ウォーターハンマー現象の原因となる水道管内の急激な水圧変動は、水道管を振動させます。この振動やウォーターハンマーの衝撃を長年にわたり繰り返すと、配管の接続部分や給水装置、継手などの接合部に緩みが生じて、やがて水漏れを起こすことがあります。

壁の中の水道管で水漏れが起こると気付きにくく被害が拡大しがちで、マンションの階下の住人からの苦情で初めて気づくケースもあります。

・給湯器などのセンサーが損傷・故障

継続的な衝撃や振動は、接続されている機器やセンサーの故障を誘発したり、メーターの異常を招いたりすることも。給湯器の湯温が急に変化する、弁が壊れるといった症状の原因が、ウォーターハンマー現象にある場合もあります。

すぐできるウォーターハンマー対策

一番手軽にできるのは、「水道の元栓を絞る」という方法です。

こうすることで水道管の中を流れる水の勢いが弱まり、全自動洗濯機や食器洗い機などで急止水した時の圧力変化が弱まります。

ただし蛇口から出る水量が減るため、シャワーの水圧が弱くなったり、絞りすぎると給湯器が使用できなくなったりする弊害が生じますので気をつけましょう。

水撃防止器によるウォーターハンマー対策

ウォーターハンマー現象を引き起こす水栓に「水撃防止器(ウォーターハンマー低減器)」を取り付けることで、水の勢いを吸収し音の発生を抑えることができます。適切に設置すると効果が期待できますが、発生箇所と水栓の種類により設置する水撃防止器が異なります。

有限会社スドウ工営のSDGs 宣言

社会から信頼される企業であり続けるために、私たちのインフラソリューションで特に貢献できるSDGsの目標10つを特定し、事業を通じてそれらの目標を達成に向けて推進します。

To keep being trusted by society, our company picked up the 10 goals of SDGs that we can contribute specifically with our infrastructure solutions. We will work to achieve those goals through our business.

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択され「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの全世界の目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

スドウ工営のSDGsの取り組みについて

弊社として、以下の10つの目標達成に向けて取り組んでおります。

GOAL5 : ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

GOAL6 : すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

GOAL7 : すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

GOAL8 : すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する

GOAL9: レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る

GOAL11 : 都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

GOAL12 : 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

GOAL14 : 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

GOAL15 : 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

GOAL17 : 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

上記の10つのゴールに積極的に取り組みます。人間らしい生活ができるよう生命の危機を感じることのない最低限必要な環境を整えることはその他7つのGOALにも直結する重要なミッションであります。

SDGsをビジネスにつなげる

SDGsの取り組みはボランティアでは継続ができません。持続可能な開発目標である上で、日本人がもっている「世のため人のためが自分のため」といった普遍的な価値観を形にし、皆が皆幸せに、WIN WINとなれる仕組みがあってこそ持続可能な社会の実現と企業の持続的発展が両立できることになると考えます。

【工事担当者】 当工事は、小田原市曽比の合併浄化槽切替工事になります。 弊社は浄化槽メーカーである株式会社クボタから年間を通して1事業者で1番浄化槽を仕入れたと評価されました。弊社では年間100基近くクボタ浄化槽を仕入れ施工している経緯より評価されたものであります。 弊社は申請から造成インフラ工事まで一式自社施工のため、スピードが他社と異なります。 弊社は神奈川県全域・東京都・静岡県と広域にわたり上下水道の許可を得ておりますので、広域で施工が可能です。 弊社では合併浄化槽切替工事を最短行うことができます。全てが自社施工ということからスピード感があり安価に仕上げることができるのです。 自社の建設機械と自社施工なので、品質管理はもちろん、安全性や経済性にも考慮して最善を尽くして全ての現場に望んでおります。 そのため、今回も自社のバックホウと自社のダンプトラックにて掘削及び運搬そして配管工事に使う穿孔機も全て弊社の自社持ち物となっております。 早い!安い!合併浄化槽切替工事をお求めのお客様は有限会社スドウ工営へ! 給水工事・水道工事・舗装工事・土木工事は是非スドウ工営にお問い合わせください!

有限会社スドウ工営 https://sudou-kouei.co.jp/

有限会社スドウ工営(外構エクステリア) http://sk-garden.jp/

有限会社不動産事業部 http://sudoukouei-realestate.com/

有限会社スドウ工営(解体工事) https://www.sudo-koei.com/

有限会社スドウ工営(浄化槽工事) https://www.joukasou-tatsujin.com/

Lismica(リフォーム) https://lismica.jp/

キレっとリフォーム(リフォーム) https://kiretto-reform.com/

【Tポイント】

有限会社スドウ工営では、工事の支払いに関する支払いに準じてTポイントが貯まります!また弊社の支払いでTポイントを使用することもできます!

通常時は、200円=1ポイント! キャンペーン中は、100円=1ポイント!

【クレジットカード決済】

有限会社スドウ工営では、工事金額の支払いがクレジットカード決済することが可能です!

指定ブランドのカードをお持ちの方は、是非キャッシュレス決済をご利用ください。

【指定工事店及び指定水道業者】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●東京都

東京都全域

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など

【排水設備指定工事店】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など


【取り扱いメーカー】

リンナイ・TOTO・ノーリツ・タカラ・リクシル・ハーマンなど

申請から設計、施工まで大小問わず、どんな工事でも承ります。

ご相談・お見積りはご気軽にどうぞ。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方で【Tポイントカード】をお持ちの方にTポイント還元をさせていただいております。Tポイントが、貯まる!使える!リフォーム工事店です。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方でクレジットカード決済をご希望の方は、クレジットカード決済をすることができます。増税後のキャッシュバックにも対応しております。

弊社は1から10まで一括して自社施工!

経験豊富かつ有資格者のスタッフが多数!

自社機械も多く備えている為、無駄な外注費がゼロ!

コスト抑制は弊社にお任せください。

パッキン交換から大型リフォームまで、お住まいづくりに関するご質問・ご不明点・打合せなど

些細な事でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

また、弊社HPにも施工事例を多数掲載しておりますので、

イメージ作りにお役立ていただければ幸いです。

【公式ホームページ】https://sudou-kouei.co.jp/

////////////////////////////////

Tel 0465-39-2021

fax 0465-39-2025

////////////////////////////////

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示