検索
  • 現場代理人|浄化槽の達人

合併浄化槽切替工事

【工事場所】 葉山町 上山口

【工事期間】 2021.08.02-2021.08.02

【工事内容】 浄化槽工事,合併浄化槽工事,単独浄化槽工事,浄化槽設置工事,浄化槽撤去処分工事,排水設備,配管工事

【SDGs達成】 No.11・No.14・No.15・No.17

 

合併浄化槽切替工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事

合併浄化槽切替工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事

合併浄化槽切替工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事

合併浄化槽切替工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事


 

老朽化した水道管に要注意!

昭和40年代以降の高度経済成長期を中心に整備された水道は、全国での普及率は97.9%(平成28年度)。その水道管の老朽化が、今深刻な問題となっています。

中には明治時代に敷設されたものもあるという水道管。耐用年数を超えて使用していることで引き起こされる事故が、全国各地で相次いでいます。

深刻な社会問題となっている水道管の老朽化

厚生労働省の資料によると、法定耐用年数(40年)を経過して使用している水道管の割合は年々増え、平成28年度の時点で「今後20年間で更新が必要な水道管は全体の23%程度にのぼる」と予測されています。

重要なライフラインである水道を守るためには老朽化した水道管の更新が欠かせません。しかし、その工事は追いついていないのが実情です。

人口減少や節水機器の普及、飲料水を購入する人の増加などにより、家庭での水道からの使用水量は減少しています。市町村などが運営する水道事業の収入も減少し、人出も足りず予算もないという状況に陥っているのです。

しかし老朽化した水道管が破裂すると大量の水が噴出したり、修繕のために断水したりと、甚大な被害と広範囲にわたる影響が出てしまいます。

日本水道協会による水道統計によると、水道管の老朽化による破裂などの事故は、毎年全国で2万件以上も発生しているのです。

全国で起きている老朽化した水道管の事故

道路の下で水道管が破裂すると、水圧でアスファルトが持ち上がって道路に亀裂が入り、裂け目から水が噴出して周辺が冠水してしまいます。周囲の住宅では蛇口から出る水道水が濁ったり、水道管からの漏水を止めるために断水したりという被害が起こります。通行止めや周辺道路の渋滞により、物流に遅延が発生するケースも起きています。

また水道管が破裂したことでガス管や地中のケーブルにも被害が及ぶことがあります。

断水以外にもガスや電気が止まる事故が、近年多発しているのです。

公道からの漏水を発見したら

まずは市町村の水道局などの水道事業窓口に連絡しましょう。特に冬季は、漏れ出した水が凍結すると周辺でスリップ事故などを誘発するため、早急な対処が必要になります。

道路から自宅敷地内の漏水を発見したら

公共の道路から家庭の敷地内に引き込まれている水道管は、水道メーターより公道側は市町村の水道局など水道事業者の管轄になります。水漏れがあっても、基本的に水道局などが応急処置をしてくれます。ただし、植木などで掘削できない場合やタイル・石などが張ってある場合は、自費負担で復旧する必要があります。

一方、水道メーターから蛇口などの給水装置までは個人の所有物となり、自分で更新したり修繕したりして適切に維持していかなければなりません。水漏れが起きた際は、指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

突然の断水を想定しておく

自然災害に備えるのと同様に、水道管破裂による断水は予期せず起こる漏水・断水にも備えが必要になる時代なのかもしれません。

大人1人につき、1日2〜3リットル(食べ物の中の水分も含む)の飲料水が必要と言われています。さらにトイレや歯磨きなどの生活用水として、1日3リットル×家族人数分の水を備蓄しておくようにしましょう。

家庭の水道管の耐用年数

公共事業として敷設した水道管の法定耐用年数は40年ですが、これは減価償却費を計算する上での基準年数です。家庭の敷地内に敷設されている水道管は、近年では硬質塩化ビニール(塩ビ管)が使われることが多く、こちらの耐用年数も40年程度と言われています。家庭内の水道管も40年程度が経過すると老朽化が進み、更新が必要となるのです。

しかし水道管の耐用年数は、素材や土壌、使用条件によって大幅に変わります。古い建物には今でも赤サビの出る水道管が使用されている場合もあります。

水道管が敷設から40年近く、あるいはそれ以上経過している場合は、信頼できる水道業者に点検をしてもらうことをおすすめします。経験豊富なスタッフであれば、「もうすぐここから水漏れしますよ」と預言者のような指摘をするかもしれません。これは脅しやあおりではなく、老朽化した水道管では実際によくあるケースです。

老朽化した水道管は、本来であれば公共の水道事業と同様に、漏水などのトラブルが起きる前に更新工事を行うのがベターです。気づかぬうちの漏水でムダな水道代を支払ったり、予定外の工事や断水に振り回されたりすることなく、計画的に工事を進めることが可能になります。

しかし「壊れていないのに更新するのはもったいない」というお考えの方や、「業者に点検を頼んだら強引に更新工事をすすめられそう」と不安を感じる方もいらっしゃることでしょう。

それでも万が一に備えた最低限の対策として、24時間受付・365日対応かつ運営がしっかりしている(明朗な見積もりを提示する)水道局指定業者の連絡先を調べておくようにしてください。

普段あまり考えることのない水道管ですが、水道管は年月とともに劣化していきます。これを機に家庭でも水の備蓄の見直しと水道管の点検・更新を検討してみてはいかがでしょうか。


浄化槽の管理義務

浄化槽を使う場合、使用者には管理義務が発生します。

・保守点検と清掃を定期的におこなう

・指定期間がおこなう水質検査を受ける

上記の義務は、浄化槽の機能を保つために定められているものです。

万が一定められた義務を果たさない場合、都道府県知事は浄化槽の管理者に対して命令や忠告ができるとされています。

この命令を無視した場合、罰金を課されるケースもあるので注意が必要です。

自分の浄化槽を長く適切に管理するためにも、義務はきちんと把握しておきましょう。

保守点検と清掃を定期的におこなう

浄化槽は保守点検と清掃を定期的に行う必要があります。

なぜなら浄化槽法では、浄化槽の使用者を浄化槽管理者とし、適切な管理を行う義務を課しているからです。

保守点検の頻度は浄化槽のサイズや種類によって異なりますが、多くの家庭用浄化槽では、3~4ヶ月に1回が目安です。

内部の清掃年に1回が目安となっています。

浄化槽は、さまざまな微生物を利用して汚水をろ過しています。

そのため、微生物の活動しやすい環境を定期的に整える必要があるのです。

清掃を定期的に行わないと微生物がうまく働かず、浄化機能が十分に発揮できなくなるおそれがあります。

清掃は各自治体に登録している、「浄化槽保守点検業者」に依頼しましょう。

浄化槽保守点検業者は、浄化槽管理士という国家資格を保有しています。

浄化槽法にのっとった、適切な清掃や点検を行ってくれるので安心です。

浄化槽保守点検業者の名簿は各自治体のホームページなどで確認できます。

分からない場合は役所や保健所の浄化槽担当部署へ問い合わせると良いでしょう。

なお、点検や清掃のあとに受け取った記録は、最低3年間は保管しておきましょう。

万が一、次の点検で問題が発生した場合、参考資料として活用するためです。

指定期間がおこなう水質検査を受ける

保守点検のほかに、水質検査を受けることも必須です。

水質検査の種類は、主に以下の2つ。

・設置から8ヶ月以内の水質検査

・年1回の定期水質検査

設置から8ヶ月以内の水質検査は1回きりで、その後は年に1回の水質検査を行います。

水質検査は清掃とタイミングをあわせて申し込むことで、忘れにくい上に手間もかからず済むでしょう。

また、上記の水質検査は初回に限り、自ら申し込む必要があります。

待っていれば検査できるというものではないので、検査しそびれてしまわないように気を付けましょう。

検査を行うのは地域ごとの知事が定める、指定検査機関です。

民間業者に修理や点検を依頼するのとは勝手が異なるので、注意しましょう。

ホームページ等を見ても申込方法が分からない場合は、お近くの役所や保健所の浄化槽担当部署に問い合わせることをおすすめします。

水質検査で測定されるのは、具体的に浄化槽内の「BOD」や「水素イオン濃度」、「残留塩素濃度」などの数値です。

検査項目は浄化槽法において定められています。


相見積もりした水道業者の見積り書の見比べ方

緊急性のある水道工事を依頼するポイントの中に必ず「見積もりを取ってもらう」があると思います。金額も重要になりますが、内容も見落としてはいけません。

しかし専門用語や難しい言い回しが多い見積書。どこに注目していいのか分からないかと思います。

今回の記事では、相見積もりを見比べた時にどこを見るべきかを解説していきたいと思います。

公共下水道接続工事の申請諸経費等が見積書に計上されているか

公共下水道接続工事は、事前に各市町村に「工事の許可」の申請手続きを行う必要があります。

その申請書類の主なものは、お客様のお宅の排水設備がどのような経路で配管されているかの詳細な平面図(配管図)が必要で、指定の様式で作成する必要があり、それらを作成するのに調査・設計・作成・手続き等費用が必要になります。

また、上記とは別に申請書類を提出する際に、一軒あたりの申請手数料と清掃工事費という名目の費用を納付する必要がある場合があります。

施工業者によっては、これらの諸経費が見積書に計上されておらず、工事完了後別途請求される場合がありますので注意が必要です。

撤去したコンクリートガラの処分費が計上されているか

工事の際に発生したコンクリートガラは通常場外廃棄処分します。

しかし施工業者によっては、不要となった中身が空っぽの既設の浄化槽や既設の便槽の中に埋め込むことにより、処分費を見積書に計上しないことがあります。

不要になって空っぽになった浄化槽や便槽の中にコンクリートガラを埋め込むと、粒が大きく埋設が不十分になり隙間が生じるので、経年後の地盤沈下の原因にもなり注意が必要です。

既設の浄化槽の内部ろ材等の撤去工事費が見積書に計上されているか

既設の浄化槽の内部には、ろ材と呼ばれる部材や隔壁がたくさんあります。

それを撤去しない状態で砂を埋設してしまうと、砂が詰まりきらず隙間が生じ、経年後の地盤沈下の原因にもなります。

状態が悪い既設の排水設備(排水管)をそのまま利用する計画になっていないか

公共下水道接続(切り替え)工事を計画する場合、家中の全ての配管をやり替えると費用がかなり高額になる為、基本的には使用できる既設の配管をそのまま利用するのが一般的です。

ところが当然既設の配管は経年劣化しており、使用年数等に応じて多少の詰まりや地盤の変動等による逆勾配等、状態がかなり悪化している配管経路もあります。

通常は事前の設備調査の時に配管の劣化等もチェックし、どの様な計画で話を進めていくのか決めるのが普通です。

しかし中にはそんな事はお構いなしで、とりあえず安く工事が出来る事を最優先で見積書を提出する業者もあります。

当然、そういう業者の見積りはかなり安い金額となるので、見積もりの中身を精査せずに安易に金額だけを見比べてそういう業者に仕事を依頼すると、後々後悔する事になります。

雨水配管工事の費用は記載されているか

公共下水接続(切り替え)工事の際、分流方式の地区では雨水の配管は公共下水マスに流入させない様に配管のやり替えが必要になります。

乱暴なやり方をすると、全ての雨樋の竪樋部分で配管を断ち切って雨水はその場へ垂れ流しにするという方法があります。

勿論、お客様が「それで良い」と承知の上で施工される場合は良いのですが、元々雨水も配管を通じて下水路や河川に綺麗に放流されています。

それを考えると垂れ流しにするのは正直おすすめできません。

業者によっては雨水配管についてお客様に何の説明もご提案もないまま、先程ご説明した様に雨樋を竪樋部分で切断して工事を完了させることがあります。

雨水配管の計画についても必ず事前に説明を求めて下さい。

工事も有資格者が行ってくれるのかどうか

公共下水道接続(切り替え)工事は“排水設備工事責任技術者”という有資格者の監督の下、工事を行う必要があります。

しかし業者の中には工事費用を安く済ます為に、市への申請書類のみ有資格者に作成させて、工事は無資格の人夫に施工させるという業者もあります。

工事を依頼する前に必ず契約書を取り交わす

工事を依頼する業者を決めたら工事前に必ず契約書を取り交わしましょう。また、どのような施工計画なのか十分説明を受けてから、契約書にサインするようにして下さい。

工事完了後の保証や、アフターメンテナンス

工事完了後の保証はどの様になっているか、またアフターメンテナンスをきちんと対応してもらえるのかどうか必ず確認しましょう。

有限会社スドウ工営のSDGs 宣言

社会から信頼される企業であり続けるために、私たちのインフラソリューションで特に貢献できるSDGsの目標10つを特定し、事業を通じてそれらの目標を達成に向けて推進します。

To keep being trusted by society, our company picked up the 10 goals of SDGs that we can contribute specifically with our infrastructure solutions. We will work to achieve those goals through our business.

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択され「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの全世界の目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

スドウ工営のSDGsの取り組みについて

弊社として、以下の10つの目標達成に向けて取り組んでおります。

GOAL5 : ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

GOAL6 : すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

GOAL7 : すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

GOAL8 : すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する

GOAL9: レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る

GOAL11 : 都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

GOAL12 : 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

GOAL14 : 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

GOAL15 : 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

GOAL17 : 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

上記の10つのゴールに積極的に取り組みます。人間らしい生活ができるよう生命の危機を感じることのない最低限必要な環境を整えることはその他7つのGOALにも直結する重要なミッションであります。

SDGsをビジネスにつなげる

SDGsの取り組みはボランティアでは継続ができません。持続可能な開発目標である上で、日本人がもっている「世のため人のためが自分のため」といった普遍的な価値観を形にし、皆が皆幸せに、WIN WINとなれる仕組みがあってこそ持続可能な社会の実現と企業の持続的発展が両立できることになると考えます。

【工事担当者】 当工事は、葉山町上山口の合併浄化槽切替工事になります。 弊社は浄化槽メーカーである株式会社クボタから年間を通して1事業者で1番浄化槽を仕入れたと評価されました。弊社では年間100基近くクボタ浄化槽を仕入れ施工している経緯より評価されたものであります。 弊社は申請から造成インフラ工事まで一式自社施工のため、スピードが他社と異なります。 弊社は神奈川県全域・東京都・静岡県と広域にわたり上下水道の許可を得ておりますので、広域で施工が可能です。 弊社では合併浄化槽切替工事を最短行うことができます。全てが自社施工ということからスピード感があり安価に仕上げることができるのです。 自社の建設機械と自社施工なので、品質管理はもちろん、安全性や経済性にも考慮して最善を尽くして全ての現場に望んでおります。 そのため、今回も自社のバックホウと自社のダンプトラックにて掘削及び運搬そして配管工事に使う穿孔機も全て弊社の自社持ち物となっております。 早い!安い!合併浄化槽切替工事をお求めのお客様は有限会社スドウ工営へ! 給水工事・水道工事・舗装工事・土木工事は是非スドウ工営にお問い合わせください!

有限会社スドウ工営 https://sudou-kouei.co.jp/

有限会社スドウ工営(外構エクステリア) http://sk-garden.jp/

有限会社不動産事業部 http://sudoukouei-realestate.com/

有限会社スドウ工営(解体工事) https://www.sudo-koei.com/

有限会社スドウ工営(浄化槽工事) https://www.joukasou-tatsujin.com/

Lismica(リフォーム) https://lismica.jp/

キレっとリフォーム(リフォーム) https://kiretto-reform.com/

【Tポイント】

有限会社スドウ工営では、工事の支払いに関する支払いに準じてTポイントが貯まります!また弊社の支払いでTポイントを使用することもできます!

通常時は、200円=1ポイント! キャンペーン中は、100円=1ポイント!

【クレジットカード決済】

有限会社スドウ工営では、工事金額の支払いがクレジットカード決済することが可能です!

指定ブランドのカードをお持ちの方は、是非キャッシュレス決済をご利用ください。

【指定工事店及び指定水道業者】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●東京都

東京都全域

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など

【排水設備指定工事店】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など


【取り扱いメーカー】

リンナイ・TOTO・ノーリツ・タカラ・リクシル・ハーマンなど

申請から設計、施工まで大小問わず、どんな工事でも承ります。

ご相談・お見積りはご気軽にどうぞ。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方で【Tポイントカード】をお持ちの方にTポイント還元をさせていただいております。Tポイントが、貯まる!使える!リフォーム工事店です。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方でクレジットカード決済をご希望の方は、クレジットカード決済をすることができます。増税後のキャッシュバックにも対応しております。

弊社は1から10まで一括して自社施工!

経験豊富かつ有資格者のスタッフが多数!

自社機械も多く備えている為、無駄な外注費がゼロ!

コスト抑制は弊社にお任せください。

パッキン交換から大型リフォームまで、お住まいづくりに関するご質問・ご不明点・打合せなど

些細な事でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

また、弊社HPにも施工事例を多数掲載しておりますので、

イメージ作りにお役立ていただければ幸いです。

【公式ホームページ】https://sudou-kouei.co.jp/

////////////////////////////////

Tel 0465-39-2021

fax 0465-39-2025

////////////////////////////////

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示