検索
  • 現場代理人|浄化槽の達人

合併浄化槽新設工事

【工事場所】 秦野市

【工事期間】 2021.08.14-2021.08.14

【工事内容】 浄化槽工事,合併浄化槽工事,単独浄化槽工事,浄化槽設置工事,浄化槽撤去処分工事,排水設備,配管工事

【SDGs達成】 No.11・No.14・No.15・No.17

 

合併浄化槽新設工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事

合併浄化槽新設工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事

合併浄化槽新設工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事

合併浄化槽新設工事

CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事
CBブロック, CPブロック, RC擁壁, TOTO, エコキュート, お風呂リフォーム, ガス工事, ガス配管, キッチン, グリーストラップ, グリストラップ, シェアキッチン, トイレリフォーム, トイレ改修, フルリノベーション, フルリフォーム, ポンプ交換, マッサージ店, マンション, リクシル, リノベーション, リフォーム, 下水道切替, 井戸, 井戸ポンプ, 人力掘削, 保健所対策, 公共マス撤去, 単独浄化槽, 厨房改修, 厨房機器, 取り出し, 台風, 合併浄化槽, 塗装, 外壁, 小田原, 居抜き, 床暖房工事, 店舗改修, 引き込み工事, 擁壁工事, 改修工事, 故障, 機器交換, 機械設備工事, 水道取り出し, 水道工事, 水道引き込み, 洗面, 洗面改修工事, 浄化槽工事, 浴室, 浴槽, 漏水, 漏水工事, 畳, 神奈川, 管工事, 給水管取り出し, 給水管引き込み, 給湯器交換, 給湯給水配管, 補修, 襖, 解体, 部分リフォーム, 配管工事, 間取り変更, 雨水配管工事


 

樹木などの越境トラブル

日本の家屋は基本的に隣の建物との物理的な距離が非常に近く、ちょっとしたことで相手の敷地との境界線を越えてしまうケースがあります。

これを「越境トラブル」といい、主に次のようなケースがあります。

樹木の越境トラブル

庭付きの一戸建てや、敷地が広い賃貸物件などの場合は、その敷地内に樹木が植わっていることがあります。

もちろん自分の敷地ですから、樹木を植えること自体には問題ありません。

しかし樹木は成長してくるとどんどん大きくなり、気がつけば隣との境界線を越えてしまっていることが起こりえます。

法律(民法)上、樹木のどの部分が境界線を越えているのかによって、その対処法に違いが生じます。

①樹木の「枝」が境界線を越えている場合

隣の家の庭から立派な木の枝が伸びていて、それが自分の家の庭にまで進入してきた場合。特に秋になると大量の落ち葉が散ってきたり、敷地内に止めている車に接触したりすることがあります。

このように樹木の「枝」が越境している場合は、民法によって以下のように規定されています。

 【民法233条1項】

隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。

つまり、この場合は樹木の所有者であるお隣さんに越境している部分の枝を切り取らせることができるのです。裏を返せば、隣人が勝手に枝を切り取ることはできないのです。

樹木の「枝」は所有者のもの、という扱いになるからです。

②樹木の「根」が境界線を越えている場合

植物によっては樹齢が経過するとその根っこは土の中でどんどん成長し、人の目に見えないところで既に敷地の境界線を越えている可能性もあります。しかし根は枝と扱いが変わってきます。

 【民法233条2項】

隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。

このようにどこにも「切り取らせることができる」とは書いてありません。

隣の樹木の根っこがこっちの敷地に生えてきたら、越えている部分の根っこを勝手に切っても問題ないのです。

これは、枝の所有権が隣人にあると扱うのに対し、根っこの所有権はこちらにあると扱われるからです。

法律ではこのように規定されていますが、現実問題としては勝手に根っこを切って万が一隣の家の樹木が枯れたりするとトラブルになる恐れがあります。

こちらの建物の基礎に大きな影響を及ぼすような緊急性がないのであれば、隣人に一言伝えてから切った方が、トラブルを未然に防げるでしょう。

看板に関するトラブルについて

中古の収益不動産を購入する際によくあるのが、看板等の越境です。

自分の建物や敷地内に看板を設置する際には、常に隣とのトラブルに注意する必要があります。例えば飲食店などであれば、

建物の外壁に袖看板を設置することがあると思いますが、これが原因でトラブルとなるケースもあります。

①袖看板の設置面が隣地と隣接している場合

袖看板は自身の敷地内におさまるように設置しなければなりません。

例えば袖看板を設置したときには隣の敷地が更地で特段なにも言われなかったとしても、隣地の所有者がこれに気がついて注意してきた場合は看板を撤去するか、自身の敷地内におさまるように改修しなければなりません。

そのため、袖看板を設置する際には、敷地の境界線よりも内側におさまるように設置しましょう。

②袖看板の設置面が道路に隣接している場合

道路に看板や日よけを出す場合は、事前に道路使用許可が必要となります。看板の種類に応じて許可基準があるため、詳しくは各自治体に確認しましょう。

このように、敷地内からはみ出すようなもの(樹木、看板、屋根など)を設置するときは法律や近隣への迷惑にならないかに注意を払わなければなりません。

特に樹木は放置しているとどんどん成長してしまい、根や枝、そして落ち葉で隣人トラブルに発展してしまいます。

このようなトラブルや樹木の手入れが面倒と思われる方は、一度お庭に植える植物を見直しておきましょう。


老朽化した水道管に要注意!

昭和40年代以降の高度経済成長期を中心に整備された水道は、全国での普及率は97.9%(平成28年度)。その水道管の老朽化が、今深刻な問題となっています。

中には明治時代に敷設されたものもあるという水道管。耐用年数を超えて使用していることで引き起こされる事故が、全国各地で相次いでいます。

深刻な社会問題となっている水道管の老朽化

厚生労働省の資料によると、法定耐用年数(40年)を経過して使用している水道管の割合は年々増え、平成28年度の時点で「今後20年間で更新が必要な水道管は全体の23%程度にのぼる」と予測されています。

重要なライフラインである水道を守るためには老朽化した水道管の更新が欠かせません。しかし、その工事は追いついていないのが実情です。

人口減少や節水機器の普及、飲料水を購入する人の増加などにより、家庭での水道からの使用水量は減少しています。市町村などが運営する水道事業の収入も減少し、人出も足りず予算もないという状況に陥っているのです。

しかし老朽化した水道管が破裂すると大量の水が噴出したり、修繕のために断水したりと、甚大な被害と広範囲にわたる影響が出てしまいます。

日本水道協会による水道統計によると、水道管の老朽化による破裂などの事故は、毎年全国で2万件以上も発生しているのです。

全国で起きている老朽化した水道管の事故

道路の下で水道管が破裂すると、水圧でアスファルトが持ち上がって道路に亀裂が入り、裂け目から水が噴出して周辺が冠水してしまいます。周囲の住宅では蛇口から出る水道水が濁ったり、水道管からの漏水を止めるために断水したりという被害が起こります。通行止めや周辺道路の渋滞により、物流に遅延が発生するケースも起きています。

また水道管が破裂したことでガス管や地中のケーブルにも被害が及ぶことがあります。

断水以外にもガスや電気が止まる事故が、近年多発しているのです。

公道からの漏水を発見したら

まずは市町村の水道局などの水道事業窓口に連絡しましょう。特に冬季は、漏れ出した水が凍結すると周辺でスリップ事故などを誘発するため、早急な対処が必要になります。

道路から自宅敷地内の漏水を発見したら

公共の道路から家庭の敷地内に引き込まれている水道管は、水道メーターより公道側は市町村の水道局など水道事業者の管轄になります。水漏れがあっても、基本的に水道局などが応急処置をしてくれます。ただし、植木などで掘削できない場合やタイル・石などが張ってある場合は、自費負担で復旧する必要があります。

一方、水道メーターから蛇口などの給水装置までは個人の所有物となり、自分で更新したり修繕したりして適切に維持していかなければなりません。水漏れが起きた際は、指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

突然の断水を想定しておく

自然災害に備えるのと同様に、水道管破裂による断水は予期せず起こる漏水・断水にも備えが必要になる時代なのかもしれません。

大人1人につき、1日2〜3リットル(食べ物の中の水分も含む)の飲料水が必要と言われています。さらにトイレや歯磨きなどの生活用水として、1日3リットル×家族人数分の水を備蓄しておくようにしましょう。

家庭の水道管の耐用年数

公共事業として敷設した水道管の法定耐用年数は40年ですが、これは減価償却費を計算する上での基準年数です。家庭の敷地内に敷設されている水道管は、近年では硬質塩化ビニール(塩ビ管)が使われることが多く、こちらの耐用年数も40年程度と言われています。家庭内の水道管も40年程度が経過すると老朽化が進み、更新が必要となるのです。

しかし水道管の耐用年数は、素材や土壌、使用条件によって大幅に変わります。古い建物には今でも赤サビの出る水道管が使用されている場合もあります。

水道管が敷設から40年近く、あるいはそれ以上経過している場合は、信頼できる水道業者に点検をしてもらうことをおすすめします。経験豊富なスタッフであれば、「もうすぐここから水漏れしますよ」と預言者のような指摘をするかもしれません。これは脅しやあおりではなく、老朽化した水道管では実際によくあるケースです。

老朽化した水道管は、本来であれば公共の水道事業と同様に、漏水などのトラブルが起きる前に更新工事を行うのがベターです。気づかぬうちの漏水でムダな水道代を支払ったり、予定外の工事や断水に振り回されたりすることなく、計画的に工事を進めることが可能になります。

しかし「壊れていないのに更新するのはもったいない」というお考えの方や、「業者に点検を頼んだら強引に更新工事をすすめられそう」と不安を感じる方もいらっしゃることでしょう。

それでも万が一に備えた最低限の対策として、24時間受付・365日対応かつ運営がしっかりしている(明朗な見積もりを提示する)水道局指定業者の連絡先を調べておくようにしてください。

普段あまり考えることのない水道管ですが、水道管は年月とともに劣化していきます。これを機に家庭でも水の備蓄の見直しと水道管の点検・更新を検討してみてはいかがでしょうか。


水道管引き込み工事でトラブル発生!?

新築を建てるときに運悪くぶつかってしまう水道引き込み工事トラブル。

トラブルといっても、その内容は千差万別です。

今回はそんな予期せぬトラブルの例を紹介します。

これを読んで、事前にトラブルを回避していきましょう。

まさかうちはそんなこと起こりっこない、と思ってはいけません!

水道工事トラブルは平等にやってきますので・・・!

水道引き込み工事が見積もりから外れていた

新築の計画をする時は予算と見積もりに頭を抱えることでしょう。

住宅本体工事費以外に、地盤改良費、照明器具、外構費用、引っ越し費用を

予算の中に組み込んでいることでしょう。

しかし大半の人は水道の引き込み工事を予算の中に入れていません。

建築会社と契約してから水道引き込み費用がかかりますと言われてしまい

、慌ててしまうことが多々起こっています。

ちなみに土地の購入と住宅の工事を一括して同じ会社で行う場合は、

水道引き込み工事費用を見積もりに入れてくれています。

別会社の場合は水道引き込み工事を組み込んだ見積もりを出さないことがありますので、

こちらから「水道引き込み工事はどうなっていますか?」と確認することをお勧めいたします。

隣の敷地を水道管が経由していたので新しく引き込み直さなければいけない

水道の引き込み管は原則として他人の敷地を通過してはいけません。

しかし古くからある敷地の場合、他人の敷地を通過して自分の敷地の中に水道の引き込みがされていることがあります。

面倒くさいと思うかもしれませんが、今後の事を考えて新しく引き込み直すのが無難です。

将来的に必ずトラブルに発展します。年老いた自分や子供たちに不便を強いらないよう、現段階で対処しましょう。

逆に隣家の水道がこちらの土地を経由して引き込まれている場合もあります。

この場合は隣家の方に水道の引き込み直しをしてもらう事がベストです。

ですが費用が発生する話になってしまいます。

配管のし直しは隣家が立て替えるときなどにしてもらうなど、

事前に相談と約束を取り付けておくことをお勧めいたします。

私道に面しているため引き込み工事ができない

前面道路が私道(国や市町村区ではなく、個人が所有している道路)の場合、

私道の持ち主全員に「掘削承諾書」にサインしてもらう必要がでてきます。

承諾書にサインをもらうことができれば良いのですが、

相手は個人のため時間がかかることがしばしばあります。

人にもよりますが、承諾書にサインする代わりにお金を要求されてしまうことも。

このような厄介なトラブルを回避するには、土地の前が私道かどうかをチェックしましょう。

そして私道だった場合は最初に掘削承諾書を入手できているかどうかを工事業者に確認することをお勧めいたします。

引き込みがあったが、経口が13mmだった

古い家が建っていた土地だから水道管が引き込まれていて安心、とは言えません!

引き込まれている口径が13mmだった場合、20mmの配管に引き込み直さなければいけない事態になってしまうことが。

配管しなおす、ということは水道引き込み工事を行うことと全く同じことです。

買った土地に引き込まれている水道管の経口を確認して、

工事が必要か不要かをしっかりと確認を取りましょう。

水道本管から遠い

工事費が高額になってしまう大きな要因は敷地から本管までの距離です。

道路を掘る距離が長くなってしまうと、その分掘削や復旧に時間や工賃が上乗せされてしまいます。

また、道路が頑丈であればあるほど掘削に手間がかかってしまいますので、

太い道路に面している場合も工事費がかかってしまいます。

この工事費用に関しては見積もりをとってみないと分かりません。

そのため工事業者の方に現地を見てもらい、どのぐらいの費用がかかるかを事前に見積もりを取ってもらいましょう。

水道引き込み工事の補助金

前面道路に水道本管がきていない場合は、高額な費用がかかってしまいます。

この場合補助金がでる自治体もありますが、さすがに全額は支給されません。

また、たとえ工事費が嵩んでも目の前に本管がある限り工事費用は全額自負になります。

水に関する補助金は、排水設備の浄化槽、雨水浸透設備に対するものにはありますが、

水道管に関しての補助金は基本的にないといってもよいでしょう。

水道引き込み工事はひょんなことから費用が高くなってしまうことを分かっていただけたかと思います。

このような先人たちのトラブルを回避するためにも、事前に徹底した見積もりを取ってもらいましょう。

水は大切な生活ライフラインの一つです。

お金がないからできない、と諦められるものではありません。

この記事がみなさまにとって有益なものとなれば幸いです。

有限会社スドウ工営のSDGs 宣言

社会から信頼される企業であり続けるために、私たちのインフラソリューションで特に貢献できるSDGsの目標10つを特定し、事業を通じてそれらの目標を達成に向けて推進します。

To keep being trusted by society, our company picked up the 10 goals of SDGs that we can contribute specifically with our infrastructure solutions. We will work to achieve those goals through our business.

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択され「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの全世界の目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

スドウ工営のSDGsの取り組みについて

弊社として、以下の10つの目標達成に向けて取り組んでおります。

GOAL5 : ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

GOAL6 : すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

GOAL7 : すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

GOAL8 : すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する

GOAL9: レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る

GOAL11 : 都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

GOAL12 : 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

GOAL14 : 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

GOAL15 : 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

GOAL17 : 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

上記の10つのゴールに積極的に取り組みます。人間らしい生活ができるよう生命の危機を感じることのない最低限必要な環境を整えることはその他7つのGOALにも直結する重要なミッションであります。

SDGsをビジネスにつなげる

SDGsの取り組みはボランティアでは継続ができません。持続可能な開発目標である上で、日本人がもっている「世のため人のためが自分のため」といった普遍的な価値観を形にし、皆が皆幸せに、WIN WINとなれる仕組みがあってこそ持続可能な社会の実現と企業の持続的発展が両立できることになると考えます。

【工事担当者】 当工事は、秦野市の合併浄化槽新設工事になります。 弊社は浄化槽メーカーである株式会社クボタから年間を通して1事業者で1番浄化槽を仕入れたと評価されました。弊社では年間100基近くクボタ浄化槽を仕入れ施工している経緯より評価されたものであります。 弊社は申請から造成インフラ工事まで一式自社施工のため、スピードが他社と異なります。 弊社は神奈川県全域・東京都・静岡県と広域にわたり上下水道の許可を得ておりますので、広域で施工が可能です。 弊社では合併浄化槽新設工事を最短行うことができます。全てが自社施工ということからスピード感があり安価に仕上げることができるのです。 自社の建設機械と自社施工なので、品質管理はもちろん、安全性や経済性にも考慮して最善を尽くして全ての現場に望んでおります。 そのため、今回も自社のバックホウと自社のダンプトラックにて掘削及び運搬そして配管工事に使う穿孔機も全て弊社の自社持ち物となっております。 早い!安い!合併浄化槽新設工事をお求めのお客様は有限会社スドウ工営へ! 給水工事・水道工事・舗装工事・土木工事は是非スドウ工営にお問い合わせください!

有限会社スドウ工営 https://sudou-kouei.co.jp/

有限会社スドウ工営(外構エクステリア) http://sk-garden.jp/

有限会社不動産事業部 http://sudoukouei-realestate.com/

有限会社スドウ工営(解体工事) https://www.sudo-koei.com/

有限会社スドウ工営(浄化槽工事) https://www.joukasou-tatsujin.com/

Lismica(リフォーム) https://lismica.jp/

キレっとリフォーム(リフォーム) https://kiretto-reform.com/

【Tポイント】

有限会社スドウ工営では、工事の支払いに関する支払いに準じてTポイントが貯まります!また弊社の支払いでTポイントを使用することもできます!

通常時は、200円=1ポイント! キャンペーン中は、100円=1ポイント!

【クレジットカード決済】

有限会社スドウ工営では、工事金額の支払いがクレジットカード決済することが可能です!

指定ブランドのカードをお持ちの方は、是非キャッシュレス決済をご利用ください。

【指定工事店及び指定水道業者】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●東京都

東京都全域

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など

【排水設備指定工事店】

●神奈川県

神奈川県内の横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町など指定工事店及び指定水道業者です。

●静岡県

熱海市、三島市、沼津市、東伊豆市、御殿場市など


【取り扱いメーカー】

リンナイ・TOTO・ノーリツ・タカラ・リクシル・ハーマンなど

申請から設計、施工まで大小問わず、どんな工事でも承ります。

ご相談・お見積りはご気軽にどうぞ。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方で【Tポイントカード】をお持ちの方にTポイント還元をさせていただいております。Tポイントが、貯まる!使える!リフォーム工事店です。

弊社ではリフォーム工事など、工事費をお支払いいただく方でクレジットカード決済をご希望の方は、クレジットカード決済をすることができます。増税後のキャッシュバックにも対応しております。

弊社は1から10まで一括して自社施工!

経験豊富かつ有資格者のスタッフが多数!

自社機械も多く備えている為、無駄な外注費がゼロ!

コスト抑制は弊社にお任せください。

パッキン交換から大型リフォームまで、お住まいづくりに関するご質問・ご不明点・打合せなど

些細な事でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

また、弊社HPにも施工事例を多数掲載しておりますので、

イメージ作りにお役立ていただければ幸いです。

【公式ホームページ】https://sudou-kouei.co.jp/

////////////////////////////////

Tel 0465-39-2021

fax 0465-39-2025

////////////////////////////////

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示